70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
エリック・バードン・バンド~悲しき願い
尾藤イサオのほうが有名?


「悲しき願い」と言えば『立つんだジョー!・・・』の名セリフ「あしたのジョー」の主題歌を歌う、尾藤イサオが有名だが、1975年エリック・バードン・バンドの「悲しき願い」(Medley: Don't Let Me Be Misunderstood/Nina's School) がやはりいい。
エリックが在籍していたアニマルズ(‘60年代)のリメイクでヒットした作品でなんといっても、ボーカルがカッコイイ。もちろん、曲自体もリフ、メロディがなんとも心地よく、フレーズが頭の中を駆け巡る。

一曲目の「It's My Life」もアニマル時代の曲らしいがこれもカッコイイ! ロックンロールを聴かせてくれる。

4. 「Real Me 」は今?で言うパンクロック的サウンドだし、
6. 「Letter from the Country Farm」 7.「Sun Secrets 」はプログレっぽいといえばちょっと乱暴だが風変わりなサウンドが聴け、いろんなジャンルが体験できるアルバムであるが、まあ、闇鍋を食べるような感じでしょうか。

エリックのボーカルはロックな曲ファンキーな曲、などなんでも合ってしまうような不思議な歌声が魅力。歌い方も何回も書いていますがカッコイイのに、今一ブレイクしなかったように思います。とてもいいボーカリストだと思いますが。


なんか気になった [あしたのジョー]

スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。