70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
スパンダー・バレエ~「トゥルー」
ロックという言葉は似合わないグループ

1983年リリース、スパンダー・バレエの3枚目のアルバム
『トゥルー』(Trul)
シングル「トゥルー」が大ヒットしているが、私と同世代くらいの大半の人が「あぁこの曲か」くらいではないかと思っています。
スローなバラードナンバーで独特の雰囲気をもったモダン音楽というところだ。

ロックというにはあまりにもおとなしい系だし、かといってポップ系といえばそんなにポップな感じでもなく、テクノ系が近いのかなと思うけどそうでもない。意外とつかみどころがない・・・いや、癒し系になるんでしょう。

なんたって今で言うアイドル系の美形5人組みで、いい男ばっかり集めやがってなんて音楽性よりも容姿で敬遠してしまった感があった。要は嫉妬だったんだろう。(なんで嫉妬するだ!)

でもよくよく聴くとなかなかセンスにいいサウンドを展開している。
2.「コミュニケーション」もノリノリの明るいナンバーでヒットしており、こちらのほうがスパンダー・バレエ本来のバンドイメージなんだろうと思う。
4.「ゴールド」も同様に明るくセンスのいい曲で都会っぽい雰囲気のあるサウンドを聴かせてくれ、これまたヒットしているナンバー。

5.「ライフライン」は軽いポップな感覚の曲で♪~Lifeline ♪の歌声がやけに耳にのこる。

ビシッとスーツに身を包み、都会的センスとモダンな雰囲気のあるスパンダー・バレエ。逆に言うとまったく田舎(私?)が似合わないイメージのある、ロックという言葉は似合わないグループ。
ファッシナブルなサウンドという言葉がピッタリくるグループであろう。
スポンサーサイト
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。