70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ダリル・ホール&ジョン・オーツ~プライベート・アイズ
ギターリフから引き込まれる。

1981年リリース、ダリル・ホール&ジョン・オーツのアルバム
『プライベート・アイズ』

ホール&オーツを聴くきっかけになったアルバムで、シングルの「プライベート・アイズ」がとても印象的で大ヒットもしている。
曲の出だしのギターのリフがとても気持ちよく、サウンドもモダンポップ調ながら、ロック色も感じられ、ボーカルも生き生きとしてとても心地よい曲だ。

「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」も大ヒット、モダンなサウンドはもちろんだがきれいなメロディながらしっかりとしたナンバーで心に残る。

「ディド・イット・イン・ア・ミニット 」、「ユア・イマジネーション」などのヒット曲もあり、ボーカルとサウンドを互いに強調しあい、この時期のホール&オーツらしい傑作アルバムである。


スポンサーサイト
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。