70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ロジャー・ダルトリー~「アフター・ザ・ファイヤー」
ボーカリストとしてのダルトリー


1985年リリース、ロジャー・ダルトリーの8枚目のソロ・アルバム

『アンダー・ア・レイジング・ムーン』

ザ・フー。このグループもディープパープルとともに、ハード・ロックの原型を作りあげてきた存在であったと思う。そのグループのボーカリストであるロジャー・ダルトリーの存在もピート・タウンゼント(ギター)とともにフーの顔である。



このアルバムの代表曲といえば「アフター・ザ・ファイアー」。
ダルトリーの力強くシャウトするボーカルと心地よいロックサウンドがなんともマッチしている心地よい曲である。
メロディラインがいつまでも頭の中に残る。ちょっとポップ的要素も取り入れているが実に心にくい曲である。

前作までのポップ・ミュージックに傾きかけていたサウンドをザ・フーの原点でもあるハードなロック音楽に回帰させてきたアルバムでもある。

7. 「レッツ・ミー・ダウン・イージー」もハードなサウンドの中にもメロディラインを強調したロックミュージックを聴かせてくれる。

極め付きはやはり、アルバムタイトルでもある
11. 「アンダー・ア・レイジング・ムーン」。
ボーカル、サウンド、とともに感動もののハード&ヘビーな曲を聞かせてくれ、まさに圧巻の一言に尽きる作品である。

映画/演劇のサウンドトラックを手掛けたり、俳優をやったりと多彩な才能を持った人だが、歌っている生き生きとかんじられるしているロジャー・ダルトリーがやっぱりいいかな。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。