70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ジャニス・イアン~「奇跡の街」
軽いタッチの地球にやさしい音楽。

1977年リリース、ジャニス・イアンの『ミラクル・ロウ~奇跡の街』

わりとおとなしい曲のイメージがあるが、しゃれた音楽を聴かせてくれるジャニス。

アルバムタイトルでもある「奇跡の街」ではセンスのある歌声とサウンドを聞かせてくれ。

最初はモダンな感じのポップ感覚あふれる軽いタッチなリズムテンポで終わるのかと思いきや、後半はがらりと落ち着いたテンポでじっくりと聴かせるといった感じにナンバーである。
さらに間奏ではジャズっぽい雰囲気のあるプログレサウンドにも聴こえる演奏も聴ける。

一見、ハチャメチャな感じに思えるが一環したストーリー展開を想像できる曲でもあると思う。 
そして、某テレビドラマの主題歌にもなった「スロー・ダンス・ロマンス」
ピアノとジャニスの歌声で庶民的なありふれた光景が浮かびあがってくるような不思議なナンバーである。
素朴だシンプルなサウンドだからこそ彼女の実力がわかる曲でもあると思う。
もって生まれた音楽センスをうかがわせてくれる。 
スポンサーサイト
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。