70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ボン ジョヴィ~「サムデイ・アイル・ビー・サタデイ・ナイト」
1984年、キーボードの美しいメロディラインを聴かせる「夜明けのランナウェイ」、そして彼等ならではのコーラス・ワークとギターのリフがはやくも売れる要素をちりばめられていたファースト・アルバム『夜明けのランナウェイ』をリリースしてから「愛の切り札」、「リヴィン・オン・ア・プレーヤー」など数々のヒット曲を演奏してきたボン・ジョヴィ。

1994年にリリースされたアルバム『クロスロード』
「ザ・ベスト・オブ・BON JOV」ということでヒット曲を厳選したアルバムであるが、3曲だけ新曲をいれているところが策略といおうか心憎い。


意表をつかれる「プレーヤー94」は日本の童謡、“さくら”から始まる。オルゴールと子供が日本語で歌いそしていきなりハードなロックナンバーへと変貌するギャップがすごいナンバーである。 
そして「サムデイ・アイル・ビー・サタデイ・ナイト」
心躍る軽快なナンバーで、フォークロック調のどちらかといえばシンプルな曲ではあるが、ノリは最高。気取らないギターの響き、きれいなメロディと音色を聴かせるキーボード、余裕で歌いきるボーカルと聴けば聴くほど聴きたくなる感じの曲である。

ヒット曲+アルファーαが心憎い。「オールウェイズ」はやっぱり名曲。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ボン・ジョヴィ~アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー
このグループならではの、コーラス・ワーク、ギターチューン、メロディアスなキーボード、そしてロック心をくすぐるサウンド。
その基本的なスタイルを残しながらもよりロックン・ロール感覚を押し出したアルバム。

1988年リリース、ボン・ジョヴィ
『ニュー・ジャージー』

最初の曲「レイ・ユア・ハンズ・オン・ミー」
大胆なドラミングと気合を込めた雄たけび?から始まり、ギター、キーボード、ボーカルからボン・ジョヴィらしいロックが展開されるまるでステージを見ているような作りになっているナンバーで、オープニングにふさわしく、静と動を上手く使いこなしたサウンドでもある。

そして、全米でもナンバー1になった「バッド・メディシン」
ボン・ジョヴィ流ロックン・ロールナンバーでアメリカンスタイルの曲らしいドスのきいたサウンドを聴かせる。

むしろこちらのほうがボン・ジョヴィらしいサウンドではないかと思っている「ボーン・トゥ・ビー・マイ・ベィビー・」
ハードなサウンドの中にもキーボードによるメロディアスな音をさりげなく挿入しそしてギターとボーカルでグイグイと押しまくるサウンドは聴いていて気持ちがいいナンバーである。

遊び心の1分弱の曲「ライド・カウボーイ・ライド」多分アメリカンジョーク的なもんだろけどいらないかな・・・という曲。

じっくりと聴かせる「リビング・イン・シン」「ステック・トゥ・ユア・ガンズ」、そしてこれも全米ヒットの「アイル・ゼア・フォー・ユー」
いわゆるバラードナンバーである。どの曲もメロディアスな曲のながらもロックへのかたくなな‘こだわり’が見えかくれする。
ただ単にきれいでメロデアスなサウンドを聴かせるのではなく、あくまでもボン・ボン・ジョヴィらしさを強調したサウンドはワイルドで大きさを感じる。

コーラス、キーボード、ドラム、ギターそしてボーカルとグループとして最大限のサウンドを惜しみなく出しさらにパワーアップしたボン・ボン・ジョヴィの会心のアルバムである。

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。