70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ポール・サイモン~「母と子の絆」
あまり、真剣に考えない?

先日、テレビで夜の繁華街にたむろする未成年の女の子と、元婦人警官の今はボランテアの補導員。
そのやり取りを放送していたが、その未成年の女の子はなんと15才、中学にも行かず、小学校5年からタバコを吸ってるというごく普通(じゃないか)の女の子なんだけど、その補導員さんは決しておこることなくいろいろと話を聞きだす。

「お母さんもお父さんも夜はいないから・・・」」
まあ遊び放題になるわなと思いつつ、両親もたぶん夜、働いてたいへんだろうなと人事のように考えてしまうのだが、むしろ、中学生の年で夜な夜な遊びまくるなんて、自分のその頃には考えもしなかったし(したかな?)第一、ハナタレ小僧に毛が生えたような低いレベルだったから・・・へェ~すごいと思ったのも事実ですね。

絆がやっぱり大切なんでしょうね。

1972年、リリース、ポール・サイモンのソロアルバム

『ポール・サイモン』

レゲイ調の軽いタッチのサウンドで大ヒットした「母と子の絆」
サイモンとガーファンクル時代とは別な個性を発揮した曲で、邦題の若干重いイメージの曲目とは裏腹にノリのいいポップサウンドを聴かせてくれる。

やっぱり曲の出だしが ちあきなおみの「喝采」を思いだしてしまう・・・。




スポンサーサイト

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。