70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ブームタウン・ラッツ~「哀愁のマンディ」
1979年リリース、ブームタウン・ラッツの3枚目のアルバム「哀愁のマンディ」

ローリング・ストーンズをも連想させるロックンロールであ!といわせた1977年のファーストアルバム『ブームタウン・ラッツ』

アイルランドのダブリンで結成され、当初は狂気じみたステージで話題となり、ハデなアクションもあいまって、シングル「ルッキン・アフター№1」が大ヒット。2作目の『トニック・フォー・ザ・トゥループス』を経て、全英でウルトラヒットとなった「哀愁のマンディ」で彼らの人気は不動のものに。
軽快なピアノとボブ・ゲルドフのロックンロールしたボーカルとコーラス(掛け声?)でモダンなポップナンバーである。

どことなく“クイーン”をも連想させるコーラスワークではあるが、ストーンズとクイーンを足して2で割ったような作品でもあるが、アルバムはバラエティに富んだ内容となっている。

The Fine Art of Surfacing

The Fine Art of Surfacing
posted with amazlet at 08.05.16
The Boomtown Rats
Universal/Mercury (2005-03-08)
売り上げランキング: 69367
おすすめ度の平均: 4.5
5 哀愁のマンデイは、やっぱ名曲です!!
4 聴き応えありな作品
4 楽しさ満載のドラマティックなロックンロール
5 今でもレコードを持ってます
5 「忘れられた名作」ではもったいない
スポンサーサイト

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。