70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
グレイトフル・テッド~『ワーキングマンズ・デッド』
初のゴールドアルバム。

ブルースを基調とし宙を舞うようなガルシアのギターを中心にサイケデリック・ロックバンドとして話題を呼んだグレイトフル・テッド。

どちらかというとアメリカ人好みのサウンドといったほうがいいかも知れない。
きっちりときれいな演奏、サウンドを好む日本人(私も含めて・・・うゥん!)には評価は今一だけど、のめりこむとクセになってしまう独自の演奏が病みつきになる。

1970年リリース、『ワーキングマンズ・デッド』では新境地を披露している。
カントリー的な要素を取り入れ、CS&Nを意識したアコーステックサウンドやコーラスを強調。それが歓迎されて、初のゴールド・アルバムに輝いている。

Workingman's Dead

Workingman's Dead
posted with amazlet at 08.06.23
Grateful Dead
Rhino / Wea (2003-03-03)
売り上げランキング: 109716
おすすめ度の平均: 4.0
5 捨て曲無しの名盤
3 グレイトフル・デッド・リマスター盤レビュー (5)
スポンサーサイト

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。