70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
「ザ・タイム・ハズ・カム」~マイク・オールドフィールド
1987年リリース。
マイク・オールドフィールド『アイランズ』からアニタ・ヘジャーランドという女性ボーカリストの歌を挿入した曲「ザ・タイム・ハズ・カム」

マイク・オールドフィールドといえば映画「エクソシスト」のテーマ曲で有名であるが、どちらかというと日本ではマイナーな存在?でしょうか。というとファンの方に失礼なのだがなかなか聴く機会のないのが現状ではないでしょうか。どちらかというとプログレッシブ・ロックの部類に入るのだが、そのロックと言う言葉にあてはめるのもまた違う。
変ないい方ではあるが、“ロック・プログレッシブ”といったほうが合うよな気がしますね。
プログレッシブとロックを逆にしただけであるが、日本語の便利なところで、なにかちょっと違うジャンルの様に思えるではないか。

のうがきはさておき21分にも及ぶインストナンバーの「ザ・ウインド・チャイムス」ロックとクラシックを融合したようなマイク・オールドフィールド独特のサウンドが聴ける。
それ以外の曲はボーカルの入った曲である。

アルバムタイトルでもある「アイランズ」はハスキーボイスのボニー・タイラーが歌っており、とてもしっとりとそして、力強くうたっているナンバー。

「マジックタッチ」というナンバーでは元バグルス、イエス、エイジアのジェフリー・タウンズの名前が共同プロディーサーとして名前が書かれている。
実際、曲調はエイジアっぽいサウンドスタイルではきはきとしたボーカル、ロックしているギター、キーボードとほんとうにエイジアが演奏してもおかしくない作品である。

そして「ザ・タイム・ハズ・カム」
アニタ・ヘジャーランドという女性ボーカリストを起用した美しい曲。ポップでどこか草原でも走ってるようなさわやかな曲調。とてもロックなんてことばは似合わない。しいていえばクラシックポップサウンドとでも呼べばいいのか。激しい曲でもないもになぜか元気の出る曲である。

そのほか、アンディ」・マッケイ(元ロキシー・ミュージック)、ミッキー・ムーディ(元ホワイト・スネーク)、マックス・ベーコン(GTR)、サイモン・フィリップスなどが参加しており、新境地を開拓していった、意欲的なアルバムである。



スポンサーサイト

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
アポロ11号~ムーンライト・シャドー
1969年に人類初となる月面着陸に成功したアポロ11号。

その船長であるアームストロング船長が発した名言
「一人の人間にとっては小さな一歩だが人類にとっては大きな飛躍だ」
なんでも、文法上の誤りで a が聞こえたとか聞こえなかったとか。

英語の文法なんかさっぱりわからないが覚えたふりをして
「That's one small step for a man,・・・」の a が聞こえず man のままでは「人類にとっては小さな一歩で、人類にとって大きな飛躍だ」とわかるようなわからない文章になってしまうそうです。

もっとも、オーストラリアのコンピューター専門家が当時のデータを分析。
「人間の耳に聞こえる通常の長さのわずか10分の1ではあったが a が発音されていた」ということで船長は一部の人たちから文法ミスを犯したとの汚名をきせられていたというこだが、晴れて汚名返上ということでしょうか。

外国人によると日本語は非常に難しいと聞くけど、英語の文法ってのもわからない。中学生の時、英語の授業で文法がどうのこうのとさっぱり解からなかった。(ただ頭が悪いだけ・・・笑)
それでも後に「洋楽」が好きになっていったということは音楽は万国共通の唯一のコミニュケーションということになるのかな。


月の入った曲といえばマイク・オールドフィールドの「ムーンライト・シャドウ」がいい。
1983年リリース、アルバム『クライシス』に収められており、クリスタルでとても可憐なマギー・ライリーの歌声で曲のテンポ、メロディをさらに引き出してくれている名曲である。
また、ドラムの名手サイモン・フィリップスがプロデュースと演奏で参加、プログレッシブロックグループ「イエス」のボーカリスト、ジョン・アンダーソン(3.イン・ハイ・プレイセス)のボーカルも聴け、プログレッシブなロックとは一味違うサウンドが魅力的なアルバムである。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
マイク・オールドフィールド~Five Miles Out

1982年リリース マイク・オールドフィールドの
Five Miles Out
プログレッシブロックと言っていいのかどかは別として、このマイクオールドフィールドの音楽は本当に独自の世界をもっている。
が聴けば聴くほどくせになるほどふしぎなサウンドである。
ハードロックやハードプログレとは一線をおくような音楽表現、楽器はエレクトリックギター、バグパイプ、オルゴールなどを使用しており
独特のサウンドを生み出している。
1曲目「Taurus Ⅱ」は25分におよぶインストルメンタルナンバーだが何部かにわかれているような曲でややハードなマイクのギターで始まりバグパイプが入ったりコーラスがはいたり、キーボード、そしてまたマイクの泣きのギター、力強いドラミングと要所要所でロック色が強い音楽をきかせてくれ飽きの来ないオールドフィールドサウンドを展開。

2曲目の「Family Man 」はマギー・ライリーという女性のボーカルを起用しとてもポップな曲になっているが、のちにホール&オーツがカバーしてヒットさせたのは有名なくらいロックポップなナンバー。

3曲目は 「Orabidoo 」表現しがたいサウンドだが遭難した登山家の物語を音楽にしたプログレサウンド。

4曲目は「Mout Teidi 」パーカッションをEL&Pのカールパーマーが担当している為か、EL&Pのサウンドに似ているような気がするナンバー。

5曲目で最後「Five Miles Out」は1曲目の「Taurus Ⅱ」のイントロをつかったポップ的ロック調なサウンド。マギーのきれいでマカ不思議なボーカル、マイクのギターのきれいな音などが織りなすこのアルバムで一番好きな曲です。

ロック系が好きな人がオールドフィールドを初めて聞くならおすすめの洋楽CDです。
ロックリサーチ

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
マイクオールドフィールド~ Crises 
1983年リリースのマイクオールドフィールドの9枚目のアルバム
「Crises」
一曲目のCrisesは20分あまりのインストルメンタルでプログレグループ「イエス」を連想させるようなナンバーだが、やはりマイクの音楽性がいかされている曲。

しかしながら、「In High Places 」ではイエスのジョン・アンダーソンがボーカルでゲスト担当しており、マイクとイエスのサウンドの方向性が若干近い位置にいると思います。イエスのジョン・アンダーソンのファンには是非おすすめです。

そして、マイクオールドフィールドの曲では一番ヒットしたナンバーでマギーライリーの歌声とマイクのギターが心地よいアップテンポな曲
「Moonlight Shadow」
一度聞いたら病みつきになってしまいまよ。

私もこの曲ですっかりマイクオールドフィールドの音楽ファンになってしまいました。



  ロックリサーチ

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
マイクオールドフィールド~ Islands
1987年リリースのマイクオールドフィールドのアルバム。

Islands

前半をインストの曲、後半を歌ものとした、きれいな曲作りをしているアルバムです。
この作品ではなんとボニー・タイラーがアイランズのボーカルを担当、ハスキーボイスで堂々とこのバラード曲を歌い上げている。曲のイメージと声がぴったしという感じで心地よい。
他に男性ボーカルでケビン・エアーズ、オールドフィールドの愛人であったAnita Hegerland(アニタ・へジャーランド)などを起用し、とても聴きやすい、いいアルバムになっているとおもいます。

islanduk[1].jpg


閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
マイクオールドフィールド
1984年リリースのマイクオールドフィールドの「Discovery」
プログレッシブサウンドでインストルメンタルの曲が多いマイクの作品のなかで
歌ものが中心のアルバム。
そのなかでもおすすめは、1曲目の「To France 」。
マギー・ライリーという美声の女性ボーカリストで始まる情緒あふれるサウンドで思わず聞き入ってしまいます。
また、バリー・パーマーという男性ボーカリストを間に挟み、マギー・ライリーを前面にだしているこの作品はマイクオールドフィールドをあまり知らない人でも十分に聞き応えがあります。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
マイクオールドフィールド
マイクオールドフィールドに最近凝っていて

聞きまくっています。

映画 “エクソシスト” のテーマ曲で、

曲タイトル「チューブラベルス」

とはいうものの曲の最初の部分のみです。

インストルメンタルのCDが多いですが

歌ものが多いアルバムの
 ・クライシス
 ・ディスカバリー
 ・アイランド

など、聞きやすく特にクライシスに

入っているムーンライトシャドー

は名曲です。

はまります。

ヒーリング

1.Crises
2.Moonlight Shadow
3.In High Places
4.Foreign Affair
5.Taurus Three
6.Shadow On The Wall


 
詳しく知りたい方は
http://www.246.ne.jp/~hasegawa/mike/oldfield.htm

マイクオールドフィールドについて
詳しく紹介してくれています。
私も勉強になりました。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。