70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
J・ヘイワード&J・ロッジ~『ブルー・ジェイ』
ロマンチックプログレッシブロックを奏でるムーディー・ブルース
1971年リリースの最高傑作として名高い『童夢』で不動の人気を築き上げたグループ。

このムーディー・ブルースのリードボーカル、ギタリストのジャスティン・ヘイワードとベーシストのジョン・ロッジが共同で制作したアルバム、1975年リリースの『ブルー・ジェイ』はムーディのサウンドを残しながらも情緒豊かなサウンドを軸に新たな音楽性を見出そうとした作品。

ムーディー・ブルースの延長線上ではなく、あくまでも二人のグループということを意識した内容で、意外とシンプルで美しい音楽、曲作りを軸としたサウンドは“サイモンとガーファンクル”と“エア・サプライ”をたして2で割ったものにムーディで培ったサウンドスタイルで包んだようなといったらいいのかな。

しかし、確かな演奏技術、ボーカル、コーラスワークと純度の高いサウンドは聴いていてとても素直な気持ちになれるアルバムでもある。

Blue Jays
Blue Jays
posted with amazlet at 08.05.27
Justin Hayward & John Lodge
Universal International (2004-06-15)
売り上げランキング: 228871
おすすめ度の平均: 5.0
5 神秘の世界』後にリリースされたどのアルバムよりもムーディ・ブルースらしいアルバム
5 ムーディー=ブルースのメンバーによる美しきジョイント
スポンサーサイト

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ムーディーブルース
「ペットボトルのお茶・・・どれにする?」
アンケートがあり 渇いたのどを潤すため、コンビ二にやってきました。ペットボトルのお茶を買おうとしています。これから買おうとしているお茶は・・・
1.品揃えを見てから決めるが 79%
 
2.すでに決まっている(銘柄指定) 21%

自分も含めて、皆さんもその時の気分と新製品がでたら一度ためしに
のんでみようかで決めちゃいますよね。
でも伊藤園、「お~いお茶」売れてるみたいですね。

今日のお勧めはお茶を飲みながらゆったりと聞きたい

ムーディー・ブルース

「魂の叫び」日本タイトルがちょっとオーバーみたいだけど
1981年リリースのアルバムです。
プログレッシブ系のロックですがポップ調で美しいメロディライン、
コーラス、尚且つ、深みのあるサウンドが特徴です。
ロックリサーチ

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。