70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
メン・アット・ワーク

「ノックは夜中に」や「ダウン・アンダー」などの大ヒット曲で、そのシンプルで特徴的なサウンドは初期のポリスを彷彿させる部分も多い。

「ノックは夜中に」で、サックスを効果的にフィーチャリングしたアレンジは独自の魅力も充分にもったストレートな曲です。

結成は79年。自国オーストラリアで成功をおさめた後、82年にアメリカ進出。前述のシングルが大ヒットしただけでなく、1stアルバム『ワーク・ソングス』は15週もの間チャートのNo.1に。
彼らは本作でグラミー賞の最優秀新人賞も受賞しています。
ロックリサーチ
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。