70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ジョン・デンバー
♪~カントリー ロード・ティク・ミィー・ホーム・・・

「故郷へ帰りたい」(Take Me Home, Country Roads )は1971年に大ヒットしたナンバーでジョン・デンバーの代、代表作である。
望郷ソングとして日本でも有名だが、本国アメリカではスーパー・スター的シンガーソング・ライターで、アメリカ軍のベースキャンプ兵士たちに絶大な人気があるとか。
農夫帽に洗いざらしのコットンシャツ、ブルージーンズといったスタイルは故郷を印象づけるのにはとても効果があり庶民的なアイドル(にあわないかな)になった曲でもある。

このアルバムから「太陽を背にうけて」(Sunshine On My Shoulders )という曲も大ヒットしており、ゆったりとし気分で大自然を思わせるような、とても温かみのあるナンバーである。
この2曲はいまでもラジオではお昼の番組でよく耳にするんですが、夜にはあまりかからないのはやはり、NHK教育番組推薦?ばりの正しく美しい曲だからでしょうか。
アルバムタイトル曲「詩と祈りと誓い」もきれいなメロディでやすらぎますね。そしてビートルズのナンバーも・・・。

スタンダードナンバーといってもいい「レット・イット・ビー」もジョン・デンバーらしいすばらしい編曲でオリジナルのビートルズに引けを取らないくらいいい味をだして聴かせてくれています。
尚、97年10月に、自分の操縦する単発の自家用軽飛行機で、離陸直後に、海岸から約百メートルの海上に墜落し、亡くなっっている。
しかし、彼の歌はいまでも色あせずに聴くことがでくるのは本来、どこにいても望郷の念があるからでしょうかね。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。