70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
デビットギルモア(About Face )③
たしかに、ピンクフロイドはロジャー・ウォーターズの重苦しいおどろおどろした感覚、デビットギルモアの音楽職人的気質、お互いの融合から生まれれてくる音楽。
で、それはそれでピンクフロイド独自のプログレッシブサウンドをつくりだしているわけだが、ギルモアの場合はケイト・ブッシュとかポール・マッカトニー等、さまざまなアーティストのアルバムに参加しておりプログレのみならず、いろいろなサウンドの一面をもっており、それがこのセカンドソロアルバム「About Face 」に注ぎこまれているような変な小細工なしの一枚です。


1. Until We Sleep  わりとヘビーなロック調な曲だが、曲自体のテンポはいい。
2. Murder       最初は軽いタッチの曲かと思いきや、後半はハードにギルモアのギターがほえる。
3. Love on the Air  ノリのいいアップテンポなナンバーでついつい足で調子をとってしまう。
4. Blue Light     キックホーンをフィーチャーしたノリノリのポップ感覚あふれるナンバー。
5. Out of the Blue   前曲とうって変わり重圧なサウンドだがしっかりとしたメロディが印象的。
6. All Lovers Are Deranged  ヘビーでロック感覚あふれる目のさめるようなハードなナンバー。
7. You Know I'm Right  曲の後半部分のオーケストラルなサウンドとギルモアのギターが心地いい。
8. Cruise 個人的に一番好きな曲。全体的に軽いタッチの曲だがサビの部分は重圧にジーンとくる。
9. Let's Get Metaphysical インストルメンタルナンバーでオーケストラとギルモアの泣きのギターの融合がすばらしく、聴いてよかった!と思える曲。
10. Near the End  最後の曲らしく重くピンクフロイドらしいプログレッシブなナンバーで語りかけてくるようなボーカル、そして最後はギルモアの泣きのギターで締めくくる。
About Face


   
            

スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
デビットギルモア(About Face )②

デヴィッドギルモア(ピンクフロイド)のセカンドソロアルバム
About Face

プロデューサーには、ギルモア自身、ボブ・エズリン(プログレロックを作るのがうまい人)エンジニアはジェームス・ガスリー(この人も同様)と『ザ・ウォール』からできてる新・フロイド一家。

ドラム&パーカションに「ToTo」の初代ドラマージェフ・ポーカロ
ピアノ、オルガンはスティーブ・ウインウッド(元トラフィック
シンセサイザーにジョン・ロード(元ディープパープル)それに
ナショナル・フィルハーモニックス・オーケストラ(よくわからないがオーケストラ)その他、多彩なメンバーでこれからのピンクフロイドの音楽性を導いているようなソロアルバムです。

『ザ・ウォール』、『ファイナル・カット』と、フロイドのアルバムというよりロジャー・ウォーターズの集大成的な2枚はロックオペラっぽいような、子供のコーラスあり、と難解なアルバム(その難解な部分がいいのかも)にくらべ、非常に聴きやすくメロディラインもしっかり出来たプログレッシブなロックアルバム。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
デビットギルモア(About Face )
1984年にリリースされたデヴィッドギルモア(ピンクフロイド)のセカンド
ソロアルバム「About Face 」
ファーストアルバムにさらに磨きをかけ“いい味”を出している今回のアルバムもロジャーウォーターズとのフロイドから解放されて、リラックスしてややポップに作り上げた、これもまた聴きやすく、でもプログレッシブさは根底にあるサウンドで「ハードプログレ」という感じでしょうか。





ロックリサーチ

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
スリー・ディグリーズ
ちょっとロックからはずして今日のおすすめは
黒人R&B女性トリオ、『スリー・ディグリーズ』
1974年に「天使のささやき」が大ヒット
「荒野のならず者」、「愛はメッセージ」等もヒットしラジオでよくかかっていたっけ。思わず来日コンサート見に行ったひとりです。

イヤー!ディグリーズならではの見事なコーラスワークは、当時流行していた他のグループとは明らかに一線を画していますよ。
彼女たちの声は正しく天使の歌声です。
心和むアットホーム的なステージに感激し、いまでもその歌声は心に響きます。







天使のやすらぎ【癒し系CD専門店】試聴可能

テーマ:気になるミュージック - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
デビットギルモア(David Gilmour)③
デビットギルモアで三日目です。
ピンクフロイドといえばR・ウォーターズが話題になることが多いがあえてギルモアにこだわっていきます。

確か、このソロアルバムを出す前のピンクフロイドでの名前は
ディーブギルモアだったとおもいます。
ソロアルバムをだすということで名前も新規一転してピンクフロイドの中での自分なりのコンセプトアルバムを作ったものと思います。

1曲目は「Mihalis」ゆったりとしたインストナンバーでギルモアのギタープレイを堪能できる曲。

2.There's No Way Out of Hereは 女性コーラスの入っているのびのびとギルモアが歌っているのが印象的な曲。

3.Cry from the Streetはややアップテンポで語りかけてくるようなナンバー。

4.So Far Awayはピアノを前面にフィーチャーしたしっとりとした曲でギルモアのギターも絶妙に入っている。

5.Short and Sweetはわりとハードなナンバーでギルモアのギターがハードロックっぽく引いているのが印象的。

6.Raise My Rentはややスローテンポのインストナンバーで危機感を思わせるようなナンバー。

7.No Wayはちょっと明るめの曲でちょっとひと休みの感じでわりとギター音も軽めなナンバー。

8.It's Deafinitelyはこれもちょっとハードなインストルメンタルだがちゃんとプログレロックを聞かせてくれるナンバー。
最後の
9.I Can't Breathe Anymoreは締めくくりにふさわしく最初、静かにはじまるが、後半重く重圧なサウンドで締めくくっている。

ピンクフロイドの別な意味でのコンセプトアルバムだと思います。

ロックリサーチ

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
デビットギルモア(David Gilmour )②
昨日にひき続きデビットギルモアのファーストソロアルバム「David Gilmour 」
1978年リリースと27年の月日がたってもまったく古くささなんか感じません。それだけ飽きのこない不思議な音作り(ピンクフロイドの専売特許か)で、プログレッシブロックという枠の角の部分を落としたようなソフトタッチなプログレッシブロックに仕上げて聞きやすくしているのが特徴ではないでしょうか。

だがギター及び、ボーカルのトーンはピンクフロイドそのものだし、プログレという芯が一本通っている音作りで、しいていえば職人的サウンドだと思います。プログレロックをあまり聞かない方にもお勧めのアルバムです。






ロックリサーチ

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
デビットギルモア(David Gilmour)
1978年リリース、デビットギルモアのファーストソロアルバム『David Gilmour 』
ピンクフロイドのギタリストでフロイドのアルバム「Animals」が77年、「The Wall」が79年とこれらのアルバムの間にリリースされたギルモアのソロアルバム。
ピンクフロイドの枠にとらわれずに自分のイメージしたサウンドを展開しているけど、結果的にはピンクフロイドのサウンドを意識していると思う。「Animals」を聞いたあとでこのアルバムを聞くと この延長線上にあるアルバムではないかと思いました。



ピンクフロイドは定期的にアルバムをだすグループではなのでこれがリリースされた時は、なにか得をしたような気分でこんなに早くピンクフロイドに近い(あたりまえか!)サウンドを聞けるなんて幸せと思ったのは私だけでしょうか。
ギルモアのソロアルバムはあまり話題に上らないが、いまでもよく聞く大好きなアルバムで、へたをすると本家ピンクフロイドより聞いているかもしれない。



ロックリサーチ

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
TOTO~ハイドラ
1979年リリースの『TOTO』のハイドラ。
ギリシャ神話をテーマにしたセカンド・アルバム。
プログレッシヴな音作りをしていますが、グループはスタジオミュージシャンの集まりだけあって高品質の音源で、ロックンロールのサウンドを併せたもった意欲作です。
このアルバム発売後の80年3月に初来日し、シングル・カットされた「99」もヒットし、本作は全米ゴールド・ディスクを獲得しています。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ディープ・パープル ~嵐の使者
前作以上にファンキーさを増した1974年リリース 
ディープパープル
『嵐の使者』
ディープパープルお得意のハードなナンバーのタイトル曲からカウ゛ァーデイルの切ない歌声で歌う「幸運な兵士」まで全9曲、パープルとリッチーの新境地をきりひらいているが、音楽の方向性の違いからリッチーブラックモア在籍第3期ディープ・パープルとしては最後のアルバムになった作品。

全体に思考錯誤している作品でカウ゛ァーデイルはファンキー+ハードロック、リッチーブラックモアはバロック調+ハードロックを(レインボー、ブラックモアズナイトに見られる)やりたかったアルバムであり、ちょっと中途半端なサウンドであるが、しかし、例のごとくリッチーはやってくれます。
ギター職人は嵐の使者のごとくすばらしい演奏をしてくれています。

  ロックリサーチ

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ディープパープル~紫の炎
1974年リリースのディープパープル 3期目のアルバム「Burn
日本のタイトルは「紫の炎」
1曲目はシングル曲にもなった『Burn』
いかにもリッチーの好きそうなギターフレーズから始まり、ジョンロードのキーボードが入り。イアンペースの渇いたドラミングでぐいぐい曲を乗せていくパターンで、かの名曲「ハイウェイスター」にせまる名曲。

イアン・ギランに代わり新ボーカリストのデビッド・カヴァーデイルのソウルフルな声でファンクっぽい曲もあり、3期のパープルの新しい方向性を見い出している作品です。



しかし、2期のパープルの印象が強く、よく比較され賛否両論の意見があるが、ディープパープルのブランドの元、リッチーブラックモアのギタープレイの酔いしれるには十分すぎるアルバムです。
尚、リマスター盤30週年記念アルバムもリリースされていますがジャケットは、やはりオリジナルのこのほうがいいような気が・・・。





ロックリサーチ

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ポリス~スティング
1983年リリースのロック史上最高のトライアングル(3人)とも呼ばれたグループ ポリス のアルバム「シンクロニシティー
なかでも全米No.1シングルとなった「見つめていたい」収録。  

バンドのラスト・オリジナル・アルバムとなった、5作目。
このシングル「見つめていたい」は日本でも大ヒット、軽快で単純なサウンドながらメロディがなんとも心に残る傑作で他のロックグループとは一線を画き、ジャズっぽい要素もとりいれている。

なかでもボーカルのスティングはいまでも曲をリリースしてるが俳優業そして社会問題を正面から受け止めるたりと多種多様な才能を持ち会わせている

ロックリサーチ\"\"

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
マイクオールドフィールド~ Crises 
1983年リリースのマイクオールドフィールドの9枚目のアルバム
「Crises」
一曲目のCrisesは20分あまりのインストルメンタルでプログレグループ「イエス」を連想させるようなナンバーだが、やはりマイクの音楽性がいかされている曲。

しかしながら、「In High Places 」ではイエスのジョン・アンダーソンがボーカルでゲスト担当しており、マイクとイエスのサウンドの方向性が若干近い位置にいると思います。イエスのジョン・アンダーソンのファンには是非おすすめです。

そして、マイクオールドフィールドの曲では一番ヒットしたナンバーでマギーライリーの歌声とマイクのギターが心地よいアップテンポな曲
「Moonlight Shadow」
一度聞いたら病みつきになってしまいまよ。

私もこの曲ですっかりマイクオールドフィールドの音楽ファンになってしまいました。



  ロックリサーチ

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
マイクオールドフィールド~ Islands
1987年リリースのマイクオールドフィールドのアルバム。

Islands

前半をインストの曲、後半を歌ものとした、きれいな曲作りをしているアルバムです。
この作品ではなんとボニー・タイラーがアイランズのボーカルを担当、ハスキーボイスで堂々とこのバラード曲を歌い上げている。曲のイメージと声がぴったしという感じで心地よい。
他に男性ボーカルでケビン・エアーズ、オールドフィールドの愛人であったAnita Hegerland(アニタ・へジャーランド)などを起用し、とても聴きやすい、いいアルバムになっているとおもいます。

islanduk[1].jpg


閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
マイクオールドフィールド
1984年リリースのマイクオールドフィールドの「Discovery」
プログレッシブサウンドでインストルメンタルの曲が多いマイクの作品のなかで
歌ものが中心のアルバム。
そのなかでもおすすめは、1曲目の「To France 」。
マギー・ライリーという美声の女性ボーカリストで始まる情緒あふれるサウンドで思わず聞き入ってしまいます。
また、バリー・パーマーという男性ボーカリストを間に挟み、マギー・ライリーを前面にだしているこの作品はマイクオールドフィールドをあまり知らない人でも十分に聞き応えがあります。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ピンクフロイド(Dark Side of the Moon )
プログレッシブロックの大御所 ピンクフロイド 

1973年にリリースされたアルバム「狂気」はピンクフロイドを語るためにはよけて通れないほどの重要な作品。
なんたっていまでも売れているまさにすばらしいプログレッシブサウンドをきかせてくれるアルバム。
全米No.1ヒットを記録した「マネー」、時計の目覚ましベルから始まるデビッド・ギルモアのギターが冴え渡る「タイム」等、全曲これがピンクフロイドのポリシーと言わんばかりの作品ばかりである。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ローリングストーンズ~ブリッジズ・トゥ・バビロン
最近、新譜「ア・ビガー・バン(A Bigger Bang)」をリリースしたローリングストーンズ。

このアルバムA Bigger Bangは、『ブリッジズ・トゥ・バビロン』以来8年ぶりのスタジオ録音盤だが、
あらためてこの、『ブリッジズ・トゥ・バビロン』を聞きなおして、このアルバムの延長線にある
ストーンズの今のサウンドスタイルで、聞き応え十分な今までストーンズはちょっとと言う人でもおすすめです。
70年代に比べると一部パワーダウンしたとかいわれておりますがそれは年齢を積み重ねてきたストーンズの渋みが出てきただけで、逆に今の音楽シーンを少し取り入れながらも自分たちのスタイルを貫いていると思います。ストーンズはやはりストーンズであり、ブランドです。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
マンフレッドマンズアースバンド
1976年に「Blinded by the light」、日本タイトル「光に目もくらみ」と言う曲を、大ヒットさせている
マンフレッドマンズアースバンド

ちなみに、この曲の作者は、かのブルース・スプリングスティーン。
プログレッシブ路線からポップ調に変わったころの作品でキーボードを前面に出した小気味よいサウンドが特徴の作品。

静かなる叫び\\\"\\\"

1.光に目もくらみ
2.イルカの歌
3.ウェイター
4.バビロンへの道
5.ジス・サイド・オブ・パラダイス
6.スターバード
7.クエスチョンズ
8.スピリット・イン・ザ・ナイト(シングル・ヴァージョン)
9.光に目もくらみ(シングル・ヴァージョン)
928.jpg

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
アメリカはビン入りマヨネーズのみ!
★アメリカにはボトル入りのマヨネーズが売られていない!
ボトルはほとんどなくビン入りマヨネーズばかり売っています。

別にアメリカに住むわけではないのでどうでもいいんだけど、
なぜかというとアメリカ人はボトル入りマヨネーズで

「死体を連想する」 らしいのです。

日本はほとんどボトルマヨネーズで、信じがたいはなしです。

でも、国が変われば事情も変わります。
オーストラリアの子供たちからは、

「ロケットみたいでカッコイイ」という話もあるみたいです。

ボトルマヨの方が絶対使い勝手がいいのに、残念!

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
スージークアトロ
当時、数少ない女性ロックボーカリスト
スージークアトロの登場です。

黒皮のツナギにベースギターをひっさげて、独特なパワーあふれるボイスでイギリス、日本で大ブレーク 特に日本では女性ロックボーカリストのはしりになる存在だったと思う。
数々のヒット曲があるがその中でも、『ワイルド・ワン』が好きだった。
そのほかにも、『キャン・ザ・キャン』、『48クラッシュ』、『悪魔とドライヴ』どれをとっても、からだが自然に動いてしまう曲ばかりです。 

1.キャン・ザ・キャン  2.48クラッシュ  3.デイトナ・デモン  4.悪魔とドライヴ
5.トゥ・ビッグ  6.フィーバー  7.ワイルド・ワン  8.ママのファンキー・ロックン・ロール
9.オール・シュック・アップ  10.メイク・ミー・スマイル  11.恋はドッキリ  12.ボーン・トゥ・ラン  
13.涙のヤング・ラヴ  14.レースに賭けよう  15.キープ・ア・ノッキン  16.ムーヴ・イット
17.ロキシー・ローラー(サケ・ロック)  18.愛のゲーム  19.ママズ・ボーイ  20.ネヴァー・ラヴ

ロックリサーチ



テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。