70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ピンクフロイド~リック・ライト
リチャード・ライト・・・ピンク・フロイドの血液。

ピンクフロイドのキーボード奏者リチャーズ・ライトが死去したニュースがネットで流れ、ビックリしたと同時に時代の流れを痛感させられてしまった。

65歳という年齢ではあったが、いざなくなってしまうとまだこれからまだまだ活躍してほしかったという思いである。
どちらかと言うとメンバーのなかではあまり目立たなかったというより、キーボード自体が動きまわるわけでもないので、定位置で黙々とフロイドの音楽を奏でてきたライト。

ピンクフロイドというと、どうしてもロジャー・ウォーターズ、デビット・ギルモアが代表されるが、それはそれとしてフロイドの外枠みたいなグループを包みこむようなキーボードの音色はむしろサウンドコンセプトの要であったことは間違いない。

今では、リチャード・ライトの名前でクレジットされるが、ピンクフロイドを覚えたてのころはリック・ライトの名前であった。だからいまでもリック・ライトのほうが親しみがある。
印象に残る曲といえば、やはりライトのボーカルもすばらしい「エコー」が代表作になると思うが、
個人的には、1970年リリースの『原子心母』かな。アルバムタイトルである「原子心母」の中の情緒あふれるキーボードもすきではあるが、ライトの作品でもある「サマー'68」が一番好きである。

心地よいピアノの演奏から始まり、優しい歌声、きれいなキーボードの音色・・・。
そしていきなり激しくなるサウンドしかし、あくまでも冷静さを失わないメロディライン。
これこそピンクフロイドの代表曲といってもおかしくない作品である。

リチャード・ライトいや、リック・ライトはピンクフロイドを聴き続ける限りいつまでも忘れることはない存在である。
Atom Heart Mother

Atom Heart Mother
posted with amazlet at 08.09.19
Pink Floyd
Capitol (1990-10-25)
売り上げランキング: 4279
おすすめ度の平均: 4.5
4 スライドギターが素晴らしい
4 B面があるから
5 The 牛。
5 fat old Gilmour
4 色々な意味で偉大な作品。
スポンサーサイト

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ラッシュ~「フライ・バイ・ナイト」
実質上のファーストアルバムから。

1973年、自主制作されたアルバム『Rush』(閃光のラッシュ)が本来の一枚目に当たるのだろうが、ラッシュスタイルを形成していく過程においてはこのアルバム1975年リリースの『Fly By Night』~夜間飛行がファーストとなる。


アルバムの一曲目の「anthem」ではレッド・ツェッペリンに触発されてバンドを結成しただけに、ツェッペリンっぽいハードなロックを演奏。そして、アルバムタイトルでもある「フライ・バイ・ナイト」ではサウンドの響きはややおとなしいもののラッシュらしさがでている作品でこれからの活躍を呼び起こすようであり、この二つのナンバーが融合し、ラッシュサウンドを形成していく一つの布石ではないだろうか。

Fly by Night

Fly by Night
posted with amazlet at 08.09.12
Rush
Mercury (1997-05-06)
売り上げランキング: 12547
おすすめ度の平均: 4.5
4 ナイフで切ったような…
5 カッコいい曲いっぱい
5 既に完成されていたプログレッシヴフォーマット
4 ハードロック時代のRUSH(1~4作目)の中で最初に聴くアルバムかな?
4 ニール・パート加入のセカンドアルバム

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
R・E・Oスピードワゴン~『ライディング・ストーム』
初めてのチャート・イン・アルバム。

1970年代のアメリカンロックを代表するR・E・Oスピードワゴン

1971年、ファーストアルバム『R、E、Ospeed wagon』をリリース。クラブハウスなどで、新人らしくない演奏のもと奔放且つ大胆なロックンロールショウをくりひろげている作品でまだ、つぼみのままであるが、3枚目のアルバム1973年、リリースのアルバム『ライディング・ストーム』はグループにとって初めてチャート・インした作品である。

ボーカルがテリー・ルトゥレル(ファーストアルバム)、ケヴィン・クローニン(セカンドアルバム)、そしてこのアルバムではマイク・マーフィーと代わっているがどんどん成熟していくスピードワゴンの姿が感じられる。

イーグルスでおなじみのジョー・ウォッシュのサポートを得ながら作り上げたアメリカンロックのここちよいサウンドがグッと身近に感じられる作品で、アルバム最後の曲「ウィズアウト エクスプレッション」はシンガーソングライターであるテリー・リードの作品であるが、ジョーの心意気とグループの音楽性がピッタシと混ざり合ったとても軽快でノリの良さが印象に残る。

Ridin' the Storm Out

Ridin' the Storm Out
posted with amazlet at 08.09.08
REO Speedwagon
Sbme Special MKTS. (2008-03-01)
売り上げランキング: 140082

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
フリートウッド・マック~「リトル・ライズ」
意外とフリートウッドマックらしくない曲・・・だけど。

1987年リリース、『タンゴ・イン・ザ・ナイト』

もう解散したと“噂”(往年の名アルバムタイトル・・・じゃなくて)されていたが、前作の『ミラージュ』以来、5年ぶりのアルバムではあるがポップにファンタスティックに、そしてロマンチックにマックの健在ぶりを発揮した作品である。

「セヴン・ワンダース」、「ビッグ・ラブ」などがヒットしていますが、美しくハイセンスなマック本来の、いや、マックの昔ながらイメージサウンドが楽しめる「エブリフォアー」やちょっと異色の感じのメロディだがポップに澄みきった歌声とサウンドの「リトル・ライズ」は私のおきにいりである。

全体的に1977年にリリースされ大ヒットアルバムとなった『噂』の延長線上にある作品だと思うし、メンバーの息もぴったし、とても楽しめるアルバムである。

Tango in the Night

Tango in the Night
posted with amazlet at 08.09.02
Fleetwood Mac
Reprise (1994-09-22)
売り上げランキング: 56746
おすすめ度の平均: 5.0
5 魅力的です
5 リンゼーの貢献度抜群の1987年の大ヒットアルバム
5 夜にピッタリなアルバム
5 80'sの宝石。
5 時代を越える、宝石箱的名盤

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ディープ・パープル~♪ド、 レ、 ミ、 ファ・・・
もちろん、「ウーマン・フロム・トウキョウ」である。

日本公演で東京の女性を見て作った曲とか・・・。
リッチーのギターリフもいいが、イアン・ギランの白熱したボーカルも聴き応え十分なナンバーである。

1970年代のNHK-FMで流れていたのをなぜか忘れられない。
たぶんクロスオーバーイレブンという番組ではないかと思うがその辺は、はっきりとは覚えていない。

今は、NHK-FM明るく元気いっぱいのトークで、“ハーイ!次の曲は・・・です。”なんてのは当たり前なんだけど、その頃はたぶん、普通のNHKのアナウンサー(じゃないかな)がたんたんとした口調で“次の曲はだれの何とかと言う曲・・・・”みたいにテンション低く、 アーティスト名と曲名を一本調子で紹介してたっけ。そのなかで、“ディープ・パープル・・・「ウーマン・フロム・トウキョウ」”例のごとく静かに一本調子で紹介した後、いきなりこの分厚い曲がはいったものだからこのギャップが忘れられないのだろ。

イアン・ペイスの心にくいドラムから始まり、リッチーのギター、そしてジョン・ロードのハモンドオルガンがからんでとっても心地よいリズムを刻み、ギランのヴォーカルが曲を盛り上げるといったパープルならではの音楽構成である。

Who Do We Think We Are

曲の中盤当たりの静の部分では、イアンの澄みきったボーカル、そして、ジョンのキーボードが静かに、♪ド~レ~ミ~ファ~ソ~ラ~シ~ド~   これがまたとっても心地よく耳ざわりがよく、すっかりこの曲のファンになったものだ。

Who Do We Think We Are
posted with amazlet at 08.09.01
Deep Purple
Rhino / Wea (2002-08-05)
売り上げランキング: 1706
おすすめ度の平均: 4.5
5 ヘヴィ・ロック
5 リアルタイムで聴いておけばよかった・・・
4 あの迷盤 紫の肖像が素晴らしい音で蘇った。

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。