70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
クリスティン・マクヴィー~「恋のハートビート」
フリートウッド・マックの要だったことを感じさせる。

スティーヴィー・ニックス、リンジー・バッキンガム参加による最強のラインナップによる1975年のアルバム『ファンタステック・マック』。そして、1977年リリース、なんと32週も全米№1に輝いた『噂』。

その中で1971年から参加しているクリスティン・マクヴィーの存在がこのフリートウッド・マックの方向性、ファンタステックなイメージへと導いていたことは間違いない。

1982年の活動休止後の1984年リリースのソロアルバム『恋のハート・ビート』
グループの中でも輝いていたポイッシュさとエレガントさえお融合させた独自なポップセンスとロックビートを遺憾なく発揮させたアルバム。

メンバーのミックとリンジー、エリック・クラプトンもバックアップ。
「エニーバディ」ではスティーブ・ウインウッドが参加。スティーブのメロディラインとの調和が楽しめる。
フリートウッド・マックの延長上に多彩なポップリズムを聴かせてくれる一枚でもある。

Christine McVie

Christine McVie
posted with amazlet at 09.05.06
Christine McVie
Wea (1997-11-25)
売り上げランキング: 92911
おすすめ度の平均: 4.0
5 隠れた名盤
4 頑なにポップロックの王道。清々しいです。
5 20年ぶりの新作の前に
3 クリスティンの等身大
スポンサーサイト

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
もしも~リッチーが三味線に持ち替えたら。
やっぱり、早弾きと即興演奏にこだわるんだろうな。

スピード・キング、チャイルド・イン・タイム、ファイアーボール、ハイウェイ・スター、そしてスモーク・オンザ・ウォーター。
独自の演奏テクニックと感性でギターのリフを世の中に送り出してきたデープ・パープルのギタリスト。

リッチー・ブラックモア

もし、三味線に持ち替えたらいったいどんな演奏するんだろう。第一、三味線自体を知ってるだろうかと思いつつ、妄想の世界へ。

たぶん、同じ楽器なんだから、きっとそつなく、曲のリフをこなしてしまうのだろうなスモーク・オン・ザ・ウォーター、そしてハイウェイ・スターの早弾きギターソロ、そして得意のアドリブなど大きなピック(バチ)で起用にこなしてしまうリッチーの姿が目に浮かぶ。

そして圧巻はお約束のギターこわしならぬ三味線壊し・・・。
いつもの調子でアンプにぶつけたら、あっという間に粉々。床に叩きつける物がなくなって自分自身がでんぐりかえりして、スタッと立ち、右手を高々と上げポーズ「決まった」なんて・・・思わずにこっとしてしまうリッチーでした。

Nobody's Perfect
Nobody's Perfect
posted with amazlet at 09.05.05
Deep Purple
Polygram Records (1990-10-25)
売り上げランキング: 232860
おすすめ度の平均: 5.0
5 再結成ディープ・パープルの総決算的ライブ・アルバム

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
カーペンターズ~「スーパースター」
洋楽が日本人に認知された・・・。

今でも、多くの楽曲も耳にするカーペンターズのメロディと歌声。
カレン・カーペンターはもうこの世にはいないけど、とてもインパクトのあるやさしい声はいつ何時でも、忘れることはない。

1983年ダウニー・コミニュティ病院で拒食症で、午前9時51分に死去(32歳)。それ以来カーペンターズの時はとまってしまった。

1960年代後半から兄のリチャードとグループを組んで音楽活動を開始。
69年にカーペンターズとしてデビュー。「かなる影」や「雨の日と月曜日は」などがヒットし、日本だけではなく世界中の人たちが耳にしたのだろ。

1974にはアメリカ合衆国大統領 リチャード・ニクソンと来賓の西ドイツ首相のウィリー・ブラントのホワイトハウスでの晩餐会に招かれて歌ったほど。

「スーパースター」

まさしくこのカーペンターズのためにあった言葉と思うくらいに心の中に刻まれているナンバーである。
ここ辺から洋楽を聴きはじめたという人も多いのではないでしょうか。私もたぶんその一人だと思う。
カレンの天使のような歌声、静と動が一体化した美しいメロディ。
いつまでも愛され続けるカーペンターズである。

全国のFM、AMでオンエアされている楽曲カーペンターズ TOP5
第1位.トップ・オブ・ザ・ワールド
第2位.遥かなる影
第3位.イエスタデイ・ワンス・モア
第4位.青春の輝き
第5位.プリーズ・ミスター・ポストマン

カーペンターズ~40/40 ベスト・セレクション
カーペンターズ~40/40 ベスト・セレクション
posted with amazlet at 09.05.03
カーペンターズ
ユニバーサルインターナショナル (2009-04-22)
売り上げランキング: 23
おすすめ度の平均: 5.0
5 熱烈ファンからはじめてさんまで・・
5 全てに完璧な怪物のベスト盤
5 リマスターの価値は?

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。