70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ザ・ビージーズ~「リヴィィング・アイズ」
セールス的にはいまいちだが、成熟したヴォーカルが魅力。

1981年リリース。ザ・ビージーズのアルバム「リヴィィング・アイズ」
前作の「失われた愛の世界」ではオリジナル・アルバムとしては、初の全米№1に輝いたディスコテックサウンドから脱却。美しいヴォーカルアルバムを完成させている。

ドン・フェルダー、ジェフ・ポーカロ、ラルフ・マクドナルド、リチャード・ティなどが参加して壮大な80年ポップサウンドを聴かせてくれる作品である。

Living Eyes


スポンサーサイト

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。