70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
レインボー~オン・ステージ
「虹が・・・虹が!」
ライヴの凄さが実感できるおすすめの一枚。
レインボー・オン・ステージ
1977年リリース、レインボーのライブアルバム
「レインボー・オン・ステージ」
暗闇のステージに、虹だけが生き物のようにひかり、オズの魔法使いから、ドロシー少女の「Reinbow・・・Reinbow!」絶叫と大音響で始まったレインボーの日本公演。
今でも、脳裏に鮮明に残るレインボーのステージはまさにハードロックの頂点に立つ無敵の存在であることがあらためておもいしらされた公演であった。
スタジオ録音では聞けないメドレーやソロも十分に堪能。

リッチーのギターが矢のごとくうなり、ロニーのロック魂のこめられたボイス。
なんといってもコージーのドラムパフォーマンス、すこしづつせり上がっていくドラムセットのなか、チャィコフスキーの序曲「1812」にあわせたドラムソロは壮大でメロディアス。最後にマグシュームの爆発フラシュで目がくらんでいる間にもとの位置のもどっている演出。

アンコールでのブラックモアの狂気乱舞にみちた、パフォーマンス。
ギターをアンプ、スピーカーボックスにハンマーを振り落とすがごとく
叩きつけ、ひざで割り、ギターコードをもってガンガン振り回し、怒涛のごとくひしめき合った観客の中に投げ込む。そしてさらにスピーカー機材をもステージから観客の落とすすざましいパフォーマンスはいまでも忘れられないレインボーのステージだった。
  1.イントロ:虹のかなたに~キル・ザ・キング
   (4:25)
  2.メドレー:銀嶺の覇者~ブルース
   ~スターストラック(11:01)
  3.虹をつかもう(15:11)
  4.ミストゥリーテッド(12:42)
  5.16世紀のグリーンスリーヴス(6:51)
  6.スティル・アイム・サッド(10:06)




テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
レインボーの中で自分はこれが一番好きです。
まあ いろいろと思い入れもありましてね。
イントロなんかは本当にかっこよかった・・・私的名盤ですな
2006/02/03(金) 20:45:08 | URL | 夜響 #-[ 編集]
>夜響
コメントありがとうございます。
当時、何回聴いたことやら。
本当にいいアルバムです。これぞハードロックって感じです。じゃなくてこれぞハードロック。
2006/02/05(日) 11:55:16 | URL | 70sから80sの洋楽 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/112-16961d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。