70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
スージー・クアトロ
Suzi Quatro(サディスティック・ロックの女王)*「キャン・ザ・キャン」「48クラッシュ」が大ヒット



1973年リリース、スージークアトロのファースト・アルバム「サディスティック・ロックの女王

ベース&ヴォーカル、レザー・スーツに「キャン・ザ・キャン」といえばスージークアトロ嬢。
黒革のツナギにベースを弾き、しゃがれた声で叫ぶように歌う姿がドキドキものだった。

あのピチピチつなぎは高校生の頃に自分は今で言う「どこ見てんのよ!」の世界でしたが、それに輪をかけるがごとく当時の記事で
「なぜベースを選んだのですかって?そりゃ、股間にひびくからよ」
ショック!、ショック!、ショックの連続でした。それに意外と小柄な身だったことも・・・。

もちろん「キャン・ザ・キャン」「48クラッシュ」にもノックアウトでした。。このヒットで大ブレークしたわけで、アルバムもロックン・ロール、ブギを基本としたシンプルなノリがよい軽快な音楽が中心だ。
ビートルズの「アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン」のカヴァー曲もスージー・クアトロらしいアレンジでハードなロックン・ロールにしてしまっているところがまたいい。

シンプルなロックンロール、個性的なルックス、グラム的なしゃがれた声、スージー・クアトロから「ロック」を教えられたといっても過言ではないかもしれないです。
きっと自分以外にもロックの世界へ足を踏み込んだ人たちも多かったんじゃないでしょうか。

サディスティック・ロックの女王
1.48クラッシュ
2.グリセリン・クイーン
3.シャイン・マイ・マシーン
4.オフィシャル・サバービアン・スーパーマン
5.アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン
6.プリミティヴ・ラヴ
7.キャン・ザ・キャン
8.オール・シュック・アップ
9.スティックス・アンド・ストーンズ
10.スキン・タイト・スキン
11.ゲット・バック・ママ
12.ロッキン・ムーンビーム
13.シェイキン・オール・オーヴァー

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
あ~!!
この人がいるんだよなぁ。今度新作出すんですよね。かっこいいんだよなぁ、この人。「悪魔とドライブ」なんか最高です!
2006/02/02(木) 22:11:34 | URL | フレ #-[ 編集]
うわっ なつかしい!!
あの叫び声のキャンザキャン!!!  
クアトロ 新曲だすのですか??
カテゴリー見てたら出てくる出てくる なつかしいミュージシャンたち。
私は ZEPの名古屋を見たのがロック初めてライブでした。
そして洋楽の出会いは クリームからです。 管理人さん もしかして ほとんど 同年代ね。
2006/02/03(金) 11:11:56 | URL | ブルーローズ #-[ 編集]
>フレさん
コメントありがとうございます。
「悪魔とドライブ」 いや~最高です。
あのサウンド、声、ルックスに狂いましたね。
2006/02/05(日) 11:32:16 | URL | 70sから80sの洋楽 #-[ 編集]
>ブルーローズ
コメントありがとうございます。
「キャンザキャン!」叫びましょう。
新曲はどんな感じのサウンドなんでしょうか
やっぱりそのままのサウンドスタイルをつき進むんでしょうね。
おそらく同年代ぐらいだと思います。
また見にきてください。
2006/02/05(日) 11:38:34 | URL | 70sから80sの洋楽 #-[ 編集]
こんにちは、レコード買った事はないですけど「キャンザキャン」「48クラシュ~48クラシュ~」等とてもなつかし~ですね!新曲だすんですか?てゆうかまだ活動されてるんですか?
2006/02/07(火) 18:00:35 | URL | メビウスーアワ #-[ 編集]
>メビウスーアワ
こんにちはコメントありがとうございます。
スージー譲のあのしゃれた声は今でもくせになりそう。新曲のCDはちょっと値段が高めの設定で手がだしずらいですね。
2006/02/08(水) 10:15:34 | URL | コジ #-[ 編集]
ワタシも♪
こんばんは♪
ワタシもスージー・クアトロが大好きでした!
ワタシが若い頃はバンドを組んでたりしたこともあったんですけどw、
ステージネームを「スージー」と名乗っていたこともありました(爆w
ところでこの1stじゃない曲なんですけど、
「ワイルド・ワン」って郁恵チャンの「夏のお嬢さん」にすごく似てませんか?w
あ、後者が似せてるのか…(^^ゞ
2006/02/09(木) 00:21:45 | URL | もりたん #Rm9jry3M[ 編集]
>もりたん
コメントありがとうございます。
「な・つ・の・おじょおーさん」似てますね。
さすが「スージー」。
「キャンザキャン」より「ワイルド・ワン」のほうが好きでしたよ。ギターのフレーズがカッコよく覚えやすいメロディでした。
2006/02/11(土) 01:28:32 | URL | コジ #-[ 編集]
当時女の子だけでバンドを組もうとしたら
みんなでベースのパートを取り合っていたという
話は本当でしょうか?
さすがにリアルタイムでは知らないですが...。
2007/10/02(火) 16:38:40 | URL | にごう #-[ 編集]
>にごう
コメントありがとうございます。
記憶にはないのですが、「股間にひびくか・・・」じゃなくて、ベース弾きながら、歌うってカッコイイじゃないですか。バラード系の曲だとサマにならないけど、ノリノリのロックンロールだともう最高!っていう感じじゃないでしょうか。それとルックスも大事でしょ。
革ジャンに今で言うボデコン(これも死語?・・・)あこがれちゃいますね。
2007/10/07(日) 11:12:20 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/114-253fa579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。