70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
レインボー~ファイナル・ヴァイナル②
ライヴのオープニングでは映画「オズの魔法使」のセリフ(“We must be over the rainbow”)のリフレインと共にリッチーが同映画の主題歌「虹の彼方に」のフレーズを弾いて始まるのが定番。
ファイナル・ヴァイナル+2

リッチー・ブラックモア率いる「レインボー」のアルバム
『ファイナル・ヴァイナル』
ロックボーカル職人ロニー・ジェームス・ディオ、ダンディズムとモダン感覚のグラハム・ボネット、ぜい肉をとりはらったようなジョー・リン・ターナー3者それぞれのこだわりのアルバムである。
しかし、どのボーカリストであろうと基本的レインボースタイルは
ハード&メロウなリッチーのギターがメインであり、そこに、コージーのパワフルなドラミング、キーボードそしてボーカルが絡み合う純然たるブリテッシュ・ハード・ロックなライブである。

ロニーのボーカルは「銀嶺の覇者」「ロング・リブ・ロックン・ロール」の2曲でハードでロニーのロック魂のはいったボーカルとリッチーのハードなナンバーであるが2曲だけとはちょっと寂しい気がします。
 
グラハム・ボネットのボーカルは「シンス・ユー・ビーン・ゴーン」「バッド・ガール」で特に「シンス・ユー・ビーン・ゴーン」はリッチーの強烈なギターから始まるハードなナンバーだが、やや丸みのあるメロウな部分のあるナンバーでグラハムにあう曲ではないでしょうか。

ジョー・リン・ターナーのボーカルは「スポット・ライト・キッド」「アイサレンダー」などで繊細なボーカルが特徴でレインボーのサウンドのなかでは正統派的な歌声である。


「治療不可」「ワイス・ハイム」はインストルメンタルナンバーで「治療不可」はハードなギターワークにリッチー好みの中世のリズムをいれオーケストラをふんだんにとりいれたナンバー。
「ワイス・ハイム」はプログレッシブ調のナンバーでリッチーのギターが美しく奏でられている曲で聴き応えが十分にあるナンバーでこのアルバムの中では一番好きな曲です。

ハード、クラシカル、メロウなこのレインボーのライブアルバムはレインボーを知る上では貴重なアルバムだと思います。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
懐かしいですねー?
あっしは個人的にはジョー・リン・ターナーのレインボーが一番好きでした!アイ・サレンダーから始まって、中学生の頃むさぼるようにファーストの銀嶺の覇者まで遡り聴きまくったのを思い出します。今手元にこのベストがないんですがジョーの歌う未発曲(?)ジェラス・ラバーがすんごい好きでしたね!なんかむしょうに聴きたくなってきましたぁーっ・・・。
2006/02/10(金) 21:46:37 | URL | 貴乃助 #wmgrf/Nc[ 編集]
>貴乃助
コメントありがとうございます。
私は、どちらかというと、ロニー派なんですが、でもボーカルより、リッチーのサウンドコンセプトが好きなので、グラハム、ジョーも一つのコンセプトとして聴いています。
「ジェラス・ラバー」リッチーのギターもいいけどボーカルとキーボードの音のマッチングがいい曲ですね。
2006/02/11(土) 13:43:25 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/117-5d87a73b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。