70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ピンクフロイド~時空の舞踏(ベスト・オブ・フロイド)
霧のかかる箱根に流れる「吹けよ風…」
ベスト・オブ・フロイド

プログレッシブロックの最高峰 ピンクフロイド
1970年から1980年の10年間に発表された8枚のアルバムのうち、5枚の中から選ばれた6曲の作品集。

・吹けよ風、呼べよ嵐
  通算7枚目のアルバム「おせっかい」からのナンバーでロジャー・ウオーターズ、リチャード・ライト、ニック・メイスン、デヴィット・ギルモアの4人の共作。スポーツ系の番組のハイライトシーンに使われることが多く、日本でのみ、プロレスラー アブドーラ・ザ・ブッチャー(若い人はたぶん知らないでしょう)のテーマ曲として使われたナンバー。

・マネー
  大ベストセラーアルバム「狂気」からの曲で、レジスターの擬音を効果的に使った曲作りのコンセプトはすごい。ロジャーのベースが印象的でアメリカではシングルレコードとして出しており大ヒットした曲。

・シープ
  リチャード・ライト「暴力は悲しみにも憐れみにも作用されるが、『アニマルズ』は実に乱暴なアルバムだ。悲しい歌なんだ。」
人間は無意識のうちに三つの階級に区分され、犬、豚、羊の三種類に区別され取り分け「シープ」はおとなしい一般労働者だがだんだんに立ち向かって行くストーリー的曲で、リチャード・ライトのキーボードが印象に残る曲。

・狂ったダイアモンド
  『炎』からの曲でピンクフロイドのデビュー・アルバム一枚きりで去ったシド・バレットのことを歌ったという曲、デヴィット・ギルモアのギター・フレーズが妙にもの悲しいフレーズで悲しい中にも雄々しいピンクフロイドらしい曲。

・あなたがここにいてほしい
  これも『炎』からでサブ・タイトルにもなっている曲で、生ギターのきれいな音が印象的な曲。淡々としたサウンドだが心地よく情緒あふれる作品。

・アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートⅡ)
  レコードでは2枚組の大作『ザ・ウォール』からの曲でシングルカットされ、レコードにもなった作品。子供たちのコーラスが印象的で、巨大社会を壁にたとえて、築き上げる為、個々の人間は一個のレンガっていうちょっとあぶない内容。

昔からピンクフロイドファンの方には特別なアルバムではないが、プログレッシブロック ピンクフロイド初心者にはとてもいいアルバムだと思います。また、軽くフロイドに浸りたいときにも最適ではないでしょうか。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
名曲だらけのベスト盤
フロイドは長尺ナンバーが多いので、一枚のベスト盤にするのは難儀だと思うんですが、時空の舞踏はうまくまとまってて、いい曲たくさん入ってますよね。
私のブログも古い洋楽を扱っているので、リンクさせていただいてよろしいでしょうか?よろしくお願いしますm(_ _)m
2006/02/09(木) 12:48:26 | URL | いたち野郎 #-[ 編集]
>いたち野郎
コメントありがとうございます。
長尺ナンバーをじっくり聴くのもいいけど、
わりと難解なサウンドが少ない選曲だと思います。車での通勤とかちょっと出かけた時フロイドの音楽聴きたくなるときなんかにはちょうどいいですよ。
リンク、こちらこそよろしくお願いします。
2006/02/10(金) 02:23:47 | URL | コジ #-[ 編集]
こんばんわ
このアルバムはアルバム単位として聴いた事は今まで1度もないんですよ。

おっしゃる通り入門用としては最適かもしれませんね。
2006/02/12(日) 22:27:21 | URL | Cottonwoodhill #-[ 編集]
>Cottonwoodhill
コメントありがとうございます。
ちょっとオーバーですが、正座してじっくり聴きたくなる時とちょっと聴きたくなたリするときあるんですが、このアルバムはメロディーが分かりやすい曲ばかりなのでいいと思います。
2006/02/13(月) 00:43:15 | URL | コジ #-[ 編集]
持っています!
フロイド信者なので、もっていますが・・・確か"マネー”をギルモアがオリジナルと変えて演奏していましたっけ?
この頃、記憶があいまいでいい加減なコメントあちこちで残しちゃって大変な事になってますが、確かこのことは事実かな?
自信なくしてるし・・・笑
いつも、丁寧なBLOG感心しています。
2006/02/14(火) 21:06:29 | URL | evergreen #-[ 編集]
>evergreen
コメントありがとうございます。
"マネー”
さすがevergreenさんです。
インデックスに「このベスト・アルバムの収録に際し、再録音とリミックスが行われた」とあり、再録音プロデュースもギルモアとなっています。
いまさらながら貴重な情報とコメントありがとうございます。
2006/02/15(水) 10:59:36 | URL | コジ #-[ 編集]
狂気は愛聴盤で私の精神安定剤です。
コジさんこんばんは★
「雲の影」の記事が無かったのでこちらにTBしました。
FLOYD本当にお好きなんですね~♪
私の、掛かり付けの歯医者さんの先生も大ファンでいつも治療中に色々教えて貰ってました(笑)
後期は、あんまり知らないのですがロジャーが脱退したのも知りませんでした。
あんまり詳しくもなくて、申し訳ないのですけれど・・・宜しくです(-。-) ボソッ
2007/01/26(金) 23:25:24 | URL | roko #USjiiEj2[ 編集]
>roko
コメントありがとうございます。
「雲の影」まだ体験していないんです。
これからじっくりと体験したいと思います。
どちらかというと「狂気」からのピンクフロイドのほうがなじみ深い自分です。
「モア」と共に映画のサウンドトラックということなので、もしかしたら心の中でさけていたのかも知れません。どちらも全曲聴いてみようと思います。
「狂気は愛聴盤」わかります。最近出たDVD「驚異」ではライブで「狂気」を全曲演奏しており鳥肌のたつ思いで見て聴いています。
歯医者とピンクフロイドなんか合いそうですね。そうゆう歯医者は◎です。
追伸、歯は大切にしましょう。(笑)
2007/01/30(火) 01:05:07 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/118-4fe6d32b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
PINK FLOYD の7作目に当たるアルバム 仏人監督映画「la valle´e」(ラ・ヴァレ)のサウンドトラックとしてFLOYDが「MORE」に続き音楽を担当。監督は、「MORE」同様、バルベ・シュロデール。1972年から、忙しいワールドツアーの合..
2007/01/26(金) 23:20:32 | ひねもす ROKO BLOG
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。