70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
レオ・セイヤー

1977年リリース、レオ・セイヤーのアルバム『エンドレス・フライト』

このレオ・セイヤーのアルバムから「恋の魔法使い」「はるかなる想い」が全米1位になった代表作。
日本でも「恋の魔法使い」がヒットしており、知名度がアップしましたが、大ブレイクまでにはいたらなかったような気がします。
セイヤーの魅力は、ハイトーンな声とそれをたくみに使い、歌い上げる歌唱力はすばらしいものがあると思います。
エルトン・ジョンとかビリー・ジョエルあたりと比較されると影が薄くなりますが、甘く切なげなメロディを、切実に歌い上げる。
パワーを感じさせるその声と、抜群に安定した音程が、時に力強く、時に優しく響き渡り、独特なボイスと、とにかく歌がうまいと感じるレオ・セイヤー。

最近では、「英シングル・チャートで、レオ・セイヤーをフィーチャーしたMECKの「Thunder In My Heart Again」が初登場でトップを飾った。
同曲は、セイヤーの20年ほど前の曲をリミックスしたもの。セイヤーがチャートのトップに輝くのは29年ぶりのこと。オリジナルは'77年にリリースされた当時、22位にしか届かなかった。」ということで是非、ブレイクしてほしい一人です。

Thunder in My Heart Again
Thunder in My Heart Again
posted with amazlet on 06.03.09
Meck
Universal (2006/02/06)



テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/136-08c5b467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。