70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
スティービー・ワンダー~パートタイム・ラヴァー
一度聴いたら忘れられない歌声!

スティービー・ワンダー「イン・スクエア・サークル」
In Square Circle

1985年リリース、スティービー・ワンダーの28枚目のアルバム「イン・スクエア・サークル」

いろいろとヒット曲のあるスティービーだが、自分の心に残る一曲は「パートタイム・ラヴァー」
陽気でとにかく、ノリがよく元気がでるようなこの曲はなぜか波長があってしまった曲。

というのもブラックミュージックはあまり聴かないほうだったのですが
この曲ではすっかりと はまってしまいました。

「オーヴァージョイド」こちらの曲もスティービーのやさしい歌声で とてもいい一級品のバラードナンバーを聴かせてくれます。心が休まるようなやさしさを感じる名曲です。

ポップ、そしてソウルフルで聴きやすい音楽性と歌声、やや政治色があるところもあるが、スティービーのサウンドスタイルは陽気でやさしく聴く人を虜にしてしまうものがあると思います。
一度聴いたら忘れられない歌声、独自の音つくりはスティービー・ワンダーならではの作品ではないでしょうか。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
イイですよねー!
イイですよねー!
’70年代が最高なんですが、どっこいいつの時代も最高の楽曲を残してくれてる。
おっしゃる通り、陽気でやさしく聴く人を虜にしてしまう。いつまでも歌っていて欲しい唯一無二の人だとあっしは崇拝しています。
2006/03/16(木) 22:02:44 | URL | 貴乃助 #wmgrf/Nc[ 編集]
>貴乃助
スティービーのあのやさしいというか親しみのある歌声はほんとうになごみます。
アフリカ救済イベントの「ウィ・ア・ザ・ワールド」でのスティービーのパートの部分が一番、頭の中に残っているんですよ。
2006/03/17(金) 01:29:45 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/137-55504790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。