70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ギルバート・オサリバン~「アローン・アゲイン」
☆心に残るピアノの旋律とボーカル
TVドラマ・タイアップ曲が2曲、CMタイアップ曲が4曲、さらに世界初発売が1曲、世界初CD化が1曲、日本初発売が5曲と、このドラマで初めてギルバート・オサリバンを知った初心者からマニアまで唸らせる究極のベスト・アルバムです。
ベスト・ヒッツ&レアリティーズ
1972年にリリース、大ヒットとなった ギルバート・オサリバン の「アローン・アゲイン」「クレア」

特に、ピアノをメインに奏でる「アローン・アゲイン」は彼、独特の歌いまわしと時には明るく、切なげに、そして悲しげにとギルバートの世界をつくりだしているとてもいい曲です。

ギルバート・オサリバンは自らが作詞作曲を手がけるシンガー・ソングライターの一人でシングル「アローン・アゲイン」が世界的に大ヒット。とりわけアメリカでは大成功を収め、日本でも大ヒットし一躍有名になったミュージシャンで後にビリー・ジョエルが「ギルバート・オサリバンの次をねらっている」といわせたほどの人気ぶりでした。


テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/139-bb9bf5ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。