70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ランディ・マイズナー
イーグルスのオリジナル・メンバーで、コーラスの要だったランディだが・・・。
ワン・モア・ソング(紙ジャケット仕様)
1980年リリース、ランディ・マイズナーの「ワン・モア・ソング」

元、イーグルスのメンバーでボーカル、ベースを担当していたランディだが、どちらかというと目立たない存在であるが、イーグルス時代では、「Tryin'」「Take It To The Limit」「Try And Love Again」などの楽曲を提供しており、素朴で味わい深いメロディーが印象的です。

ソロ2作目にあたるこのアルバムは、決して派手な作品ではなく彼の誠実で心優しい音楽が収められている作品だと思います。
「ワン・モア・ソング」にはバック・ヴォーカルでグレン・フライとドン・ヘンリーが参加しており、いい曲にしあがっています。
「ゴッタ・ゲット・アウェイ」「アイ・ニード・ユー・バッド」「トラブル・アヘッド」など比較的静かなサウンドだが、さりげなく心に残る作品です。

少々あらっぽい言い方をすれば“ごく普通のいい音楽”となってしまうのかも知れません。でも、ランディの素朴で聴く人の心に深く染み入ってくるサウンドと歌声はさわやかな感動をよぶことだと思います。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/142-2cf55881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。