70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
小さな恋のメロディ
小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック
小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック
1970年の映画で ダニエル(マーク・レスター)少年が、メロディ(トレーシー・ハイド)少女に恋をする物語で、10歳前後の淡く切ない恋心を描いた作品です。
しかし、小学生の時の恋が思い出になっている人や、あのころはという人にはいい映画で、誰もが思い出すとキュンとなるような小さな恋。
それを映画として形にしたのがこの作品でしょう。
先生に呼び出されて叱られた放課後、メロディが一人で待ってる場面がたまらないですね。
音楽も素晴らしい。名曲を効果的に挿入しているのも名作といったところでしょうかね。

◆「メロディ・フェア」
ビー・ジーズの「メロディ・フェア」この曲がヒットし、このほかにも「イン・ザ・モーニング」、「ギヴ・ユア・ベスト」「若葉のころ」なども聴け、また、ティーチ・ユア・チルドレン(クロスビー,スティルス,ナッシュ&ヤング)などいい曲はいつきいてもいい。

◆コラボレーション?
音楽も手伝い映画もマーク・レスターの美顔も話題となって両方ともヒットした作品。
今でいうコラボレーションとでもいうのでしょうかね。
でも当時はそこまで考えて映画作ったのかどうか分かりませんけど。

ミック・ジャガー
個人的にこの映画の内容でよく記憶に残っているのが、メロディが女友達と一緒に墓場に大きなミック・ジャガーのポスターを持ってきて友達の前でポスターのミック・ジャガーにキスするませた女の子が印象的でした。自分はほかの子たちよりも先に大人になってるんだよっていきがっている子ども心を描いていたんでしょうね。



テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
めちゃくちゃなつかしいです。大好きな映画でした、私も映画音楽やります!
新しくなったので、来てくださいね!名前も変りました。
2006/04/03(月) 01:32:17 | URL | evergreen #-[ 編集]
>evergreen
コメントありがとうございます。
外国のこどもって思春期が早いんだなーなんて当時思いましたもんね。
映画音楽っていいですよね。
がんばってください。
2006/04/03(月) 11:51:39 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/153-8dd10be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。