70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
TOTO~ロザーナ
TOTO最大のヒット作
Toto IV
1982年リリース。LAの一流腕利きスタジオ・ミュージシャンの集まり
『TOTO』のヒット曲「ロザーナ」を含むアルバム

「TOTO IV~聖なる剣」

軽快でリズミカルなこの曲は、モダンでポップでパワフルな音作りで、「99」「グッバイ・エリノア」のヒットでかなり知名度も上がり、この曲で大ブレークした曲である。 ボビー・キンボールというヴォーカル専門がいながら、スティーブ・ルカサー(ギター)がボーカルを務めている作品でキンボールにしてみればちょっと肩身のせまいおもいがあるんではないか。また、これも大ヒットを記録した名曲、「アフリカ」もデヴィット・ペイチ(キーボード)がボーカルを務めており、ますます存在感か・・・。そんなこんなでこのアルバムを最後に ボビー・キンボールは脱退してしてしまうが真意のほどはどうだったんでしょうか。

1982年度のグラミー賞(全米レコード芸術科学アカデミー(NARAS)が、毎年最もすぐれたレコードアーティストを部門別に表彰するために設けた賞)において7部門を独占したアルバムである。

このアルバムからドラマチックなバラードの「ホールド・ユー・バック」、ソウルフルな曲「ユア・ラブ」などのシングル・ヒットが生まれており、まさにTOTOの独壇場であった。

現在、来日公演中でオリジナル・アルバム『フォーリング・イン・ビトゥイーン』も出したということでこれからの活躍も期待したい。

TOTO
来日予定メンバー

STEVE LUKATHER - guitar, vocals

SIMON PHILLIPS - drums

MIKE PORCARO - bass

BOBBY KIMBALL - vocals

GREG PHILLINGANES - keyboards, vocals

TONY SPINNER - guitar, vocals

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
またまたTB
させて頂きました。ところでこのアルバムはグラミー7部門でしたっけ。。6部門う~n忘れた。
2008/01/16(水) 21:13:57 | URL | 二村永爾 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/174-ab5d7094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
TOTOの4thアルバムにして、彼らにとっての最大セールスを記録し、グラミー6部門受賞に輝く名盤。元来TOTOの凄さはアルバムで出したサウン...
2008/01/16(水) 21:12:17 | そこの君、ちょっと僕のCDラックを整理してくれないか?
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。