70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ホテル・カリフォルニア
アメリカ合衆国のシンボルでもある鷲(わし)をグループ名にもつ彼ら
『イーグルス』
建国200年のお祭りムードに終始した1976年の暮れにリリースされた5枚目のアルバム「ホテル・カリフォルニア」。

このアルバムからのセカンドシングル「ホテル・カリフォルニア」が1977年の年間ランキング 第1位になった曲である。(ファーストシングルはニュー・キッド・イン・タウン)
そんなこんなでピンク・レディやキャンディーズらのアイドルタレントが意味も分からず?歌っていたなんて少々むかつく出来事(でもカワイイから許そう)もありました。

ドン・ヘンリー、グレン・フライ、ドン・フェルダーの三人によって書かれたこの曲は建国200年を迎えた祖国アメリカへの彼らなりの思いを歌った作品であると思う。
歌詞の中の一節で、ホテルの支配人に「ワインをくれ」と頼むと1969年以来、ワインはいっさい置いてありません。」と返事がかえってくる。なぜ・・・。

つまり、アメリカの開拓時代、60年代にあったニュー・フロンティア・スピリッツ(開拓精神)はすでになく、実像したビバリー・ヒルズホテルの廃退の様をカリフォルニアの荒廃ぶりを重ねあわせたもので、誰もがここから出ていくことを口にしているけれど、みんな結局、ここに戻ってきてしまうということらしい。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
いつも楽しく読ませていただいてます。
ピンクレディーやキャンディーズも歌ってたんですね。もちろんかわいいから許すし是非聴いてみたいです(笑)。あと例の「ワインをくれ」の歌詞ですが、これはロックそのもののことも言ってるのかな、なんて勝手な(?)深読みしてたりもしてました。
2006/05/08(月) 14:00:32 | URL | gaku69ab #-[ 編集]
>gaku69ab さん
はじめまして
コメントありがとうございます。
実は当時、自分もそんなに歌詞の意味を理解して聴いていた訳ではなく(アイドルといっしょ?)、サウンドを楽しんでいたんですね。歳とともにどんな詩かきになったりして・・・。
解釈はその人の思いとか好みで勝手に深読みしたほうがおもしろいし、とてもいいと思います。
2006/05/09(火) 10:44:06 | URL | コジ #-[ 編集]
どうもです
この曲仰るとおり、ワインとスピリットをかけてるんですよね。そういうのを辿っていくと本当にこの曲の歌詞って深いなぁと考えさせられます。

でもこの曲のPV(?)でのギターソロをふざけた顔して弾いてるのはなんか許せない感じがします。ソロは物凄く良いのに・・・。
2006/05/20(土) 11:27:53 | URL | zep #SEFye3cg[ 編集]
>zep
コメントありがとうございます。
曲だけではなく詩もいいからヒットしたんでしょうね。逆にいい詩ができたからいい曲になったのかな。PVはあんまり記憶にないのですがふざけた顔して弾いてるのはこんなにヒットするとは思わなかったから?。
2006/05/22(月) 02:00:03 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/181-66c9ebf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今日のお題は「Eagles」である。と言っても「楽天イーグルス」ではない。70年代を代表する、今や親爺なロックグループの方である(笑)。不肖にとっては、リンダ・ロンシュタット同様にエバー・グリーンな存在であり、今もなお(個人的には)光り輝く?ロックの殿堂
2006/05/21(日) 23:56:56 | 時評親爺
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。