70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
フォリナー~ 「4」
4人編成と4作目
~ジャケットが今一だが・・・~
4
1981年リリース、フォリナーのアルバム 「4」

タイトルどおりの4作目で、このアルバムを前に元キング・クリムゾンのイアン・マクドナルドとキーボードのアル・グリーンウッドが脱退し、4人編成+ゲストで製作された作品だがフォリナーの最大のヒットアルバムになっている。

ジャケットは、なにか今一シャキッとしないというかあまり、おもわせぶりのないパッとしないデザインだと思うのですがいかがなものでしょうか。でもサウンドはさらにパワーアップよくできたアルバムである。

この中からこれまた4のつく、4曲目の「ガール・ライク・ユー」が大ヒットしており、ややプログレッシブがかったサウンドがここちよい。
3曲目の「ブレイク・イット・アップ」もドラマチックなロックサウンドを展開している小気味いいナンバー。

「ジューク・ボックス・ヒーロー」、「アージェント」はハードなロックサウンドが響くナンバー。そして非常に美しいバラードの「ガール・オン・ザ・ムーン」はとても情緒あふれるナンバーだが力強さまでも感じられる好きなナンバーです。

全米1位になったこのアルバムでフォリナーの名前は自分を含め、かなり知られるようになった記念すべく作品ではないでしょうか。


テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
フォリナー~ 「4」
個々の曲で聴かせる6曲目までと、7曲目以降の流れで聴かせる感じが心地よかった記憶があります。LP時代のメリハリのある構成ですよね。CDで初めて聴く人は感じ方は違うかもしれませんね。
2006/05/14(日) 22:19:00 | URL | nealsho #uu/6fAxw[ 編集]
>nealsho
コメントありがとうございます。
LPはA面、B面があってひっくり返す時に一息いれて聴くって意外とよかったかもしれませんね。CDだとそのまま流して聴いてしまうところがあります。
2006/05/15(月) 10:16:13 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/183-05b12bf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
雨っていっても、梅雨はもう少し先だしなぁ・・と思ってたら今日~明日にかけてこちらでも大雨なようです[:あめ:]てことで雨企画mizmo編、いきま~す[:GO!:]1曲目!・・・の前に、mocchieにアシスト[:サッカー:]「ACID RAIN」もう1曲めっけ[:見る:]2/リキッド・テンショ
2006/05/20(土) 01:20:31 | 3SIDES トゥ MUSIC
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。