70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ビリー・ジョエル~ニューヨーク52番街
誠実

1978年リリース、ビリー・ジョエルの6枚目のアルバム
「ニューヨーク52番街」
世界で最初にCD化された作品としても有名である。

このなかで特にヒットしたのが「オネスティ」訳すと誠実(真心をもって人や物事に対すること)。
ビリーの代表的バラード作品でこの曲を聴くと思い出すのがネスカフェのインスタントコーヒー。テレビのコマーシャルに使われていてどうしてもそのイメージから抜け出せない。
ピアノの弾き語りからはじまり、だんだんと盛り上がっていくただ単に
バラードの曲というだけではなさそうである。曲の中間あたりではビリーの訴えかけるようなシャウトして歌っている部分もあり、曲自体もタイトルどおり誠実なサウンドに聴こえてしまう。

「マイ・ライフ」も大ヒット。
「オネスティ」とは対象的な曲で明るく、わりと陽気なサウンドで聴いているだけで元気になるような曲である。そのほか、ジャズっぽく仕上げた「ニューヨーク52番街」もかろやかで心地よい作品。

「サンジバル」「ビッグ・ショット」などの曲もあるこのアルバムはグラミー賞(最優秀アルバム賞、最優秀男性歌手賞)を獲得するだけあってビリー・ジョエルを聴くのなら絶対はずせないアルバムです。







テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
このアルバム
今は疎遠になってしまった高校生当時の友人を思い出します。そいつはこのアルバムが好きな奴でした。

>ビリー・ジョエルを聴くのなら絶対はずせないアルバムです。

おっしゃる通り。
2006/05/17(水) 19:27:17 | URL | Cottonwoodhill #-[ 編集]
>Cottonwoodhill
コメントありがとうございます。
本当に親しい友人でも卒業してしまって尚且つ、何十年もたってしますとどうしても疎遠になって来ます。変わらないのはこの頃いっぱい聴いた洋楽・・・。
ビリーの曲じゃないけどみんな「マイ・ライフ」でしょう。
2006/05/19(金) 00:57:15 | URL | コジ #-[ 編集]
オネスティ
こんにちは。
オネスティってほんとうに力強い曲ですよね。バラードなのだけど、ものすごく力が入ってます。このアルバムはビリー・ジョエルの最高の一枚ですね。
2006/08/17(木) 18:41:56 | URL | muse #Fq.t1ZMk[ 編集]
>muse
コメントありがとうございます。
優しく、そして力強く。何より心のこもったボーカルがひきつけるんでしょうね。
是非あやかりたいものです。
2006/08/17(木) 21:06:32 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/185-1ed3675f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。