70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
レオ・セイヤー~リビング・イン・ア・ファンタジー
心地よいバラードメロディ「星影のバラード 」


1980年リリース、レオ・セイヤーの9枚目のアルバム「リビング・イン・ア・ファンタジー」

このアルバムから「星影のバラード 」(More Than I Can Say )がヒット。覚えやすいメロディ、きれいなギターの音色、のびのびとしたボーカルと親しみやすいバラードな曲でとてもいいですよ。

3.「君に首ったけ 」 は、はずむようなポップなナンバーでフリート・ウッド・マックを思わせるようなサウンドも心地いいし、6.「ワンス・イン・ア・ホワイル」はロックポップな感じでとてもノリのよい曲。

アルバムタイトル曲でもある7.夢の中で (Living in a Fantasy )は、
ポップなナンバーですがじっくりと聴き入ってしまうような淡々としたメロディがとてもいい曲。

ポップセンスあふれるアルバムだがちょっとおとなしい音楽作りでもう少しチクリとしたトゲの部分があるともっといいアルバムじゃないでしょうか。
でも切実にそして淡々と歌いあげる歌唱力はいいものがあると思いますし、気楽に聴けるところがいいのかな。
[1973~   」
レオ・セイヤー






テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/206-74b2c4f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。