70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ムービング・ピクチャーズ~What about me
ハイセンスな音楽。


1982年リリース、ムービング・ピクチャーズのファーストアルバム
「Days of Innocence 」

オーストラリア出身のロックグループでサックス、トランペット、ピアノなどを取り入れたロックグループ、そんなにブラス音を前面に出してるわけでもないがいわばブラスロックという音楽になるのかな。

でもサウンドは正しくロックしているグロープだと思います。
「ホワット・アバウト・ミー」がヒットしており、「Sweet Cherie 」とともにピアノの音が美しい曲でボーカルのアレックス・スミスとのかけあい的音楽が最高のサウンドをうも出しています。

「ラウンド・アゲイン」「ジョ二・アンド・ロミオ」など心地よいロックンロールを聞かせてくれるナンバーもそろっているアルバムである。

グループ的にはあまり知られていないが独自の音楽センスがとてもいい是非おすすめも一枚です。
*こちらで試聴できますよ。Moving Pictures


テーマ:80年代洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
なつかしいですね
Sweet Cherieは邦題「いとしのシェリー」でしたっけ?
オールジャパンポップ20辺りでは結構売れてましたよね
メンアットワークと無理やり一緒にして
オーストラリアインベイジョン
とか言って煽ってたのを思い出します
2006/07/09(日) 13:17:40 | URL | た~ぴっと #-[ 編集]
>た~ぴっと
コメントありがとうございます。
邦題「いとしのシェリー」そういえばサザン・オール・スターズの「いとしのエリー」とタイトルがずいぶん似てるな~と思った記憶ありますね。
2006/07/09(日) 23:39:49 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/208-7285b543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。