70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ユーライア・ヒープ~幻想への回帰


1975年リリース、ユーライア・ヒープの9枚目に当たるアルバム
「幻想への回帰」

ハードアンドプログレとでもいうのか独特のサウンドを展開するユーライア・ヒープ。
このアルバムから、元キングクルムゾンのベーシストだったジョン・ウェットンが参加しているアルバムということで話題になったアルバムでもある。

一曲目のアルバムタイトル曲でもある「幻想への回帰」はスピード感のあるハードなナンバーで、なにかプログレがかったサウンド作りが特徴の曲。

2曲目「シェイデイ・レイディ」6曲目「忘却への道」などロックン・ロールなナンバーもあり、シングルにもなった「プリマ・ドンナ」は心地よいスローな曲でありながらどことなく不思議な気持ちにさせてくれる。

なんといってもこのアルバムのジャケットに一番似合う曲は「ビューティフル・ドリーム」ではないでしょうか。一曲目の「幻想への回帰」がハードなプログレなナンバーなら、こちらはプログレなハードなナンバー(なにを言っているんだろ・・・)とわけのわからないこと書いているがキーボード、スライドギターとファンタステックな音作りはなかなかのものだと思います。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/212-010388a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。