70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ブルース・スプリングスティーン ~涙のサンダーロード
ピカ!ゴロゴロ・・・はエンジン?

雷と稲妻。元はいっしょだけど意味はちょっと違う。
雷(thunder))はゴロゴロっという音に驚くが被害はほとんどないけど、稲妻(lightning)は物におちて破壊する。もちろん、人間に落ちると命とりになってしまう。
稲妻は恐れられるのは世界中どこもいっしょだが英語では大人げないことということになるそうです。

・サンダーロードは「雷の道」。
雷ばかり発生する道路のこではない(笑)。自動車王国アメリカならではの発想かも。どこへ行くにも車がなければ始まらない自動車社会。彼女を誘いデートするにも車。ようは車に乗ってもらわなければならない。そこまでのシチュエーションを歌った詩で雷は車、エンジン音をおもにさしているみたい。

・幸せへの道
もちろん、恋愛の意味もある。彼女と一緒の幸せの道を歩みたいという思いを込めた詩でもある。
最初、ピアノ、ハーモニカの演奏で次に軽い感じのピアノで歌が始る。
(このとき、彼女はまだ家にいるみたい)だんだんとピアノの音が強くなり心の高ぶりを表して最終的にはいろいろな楽器がいりまじり盛り上がる。彼女を家から車まで誘い出すシーンを想像できる。

・車に乗ることがOKの証。
雷=エンジンと書くとちょっとオーバーになってしまうがどこに行くにも車が必要でオンボロ車でもエンジンさえしっかりしていればどこへでもいける。彼女が乗ってくれることが第一条件になってくるということなのでしょう。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
アメリカと日本では
この曲の理解のされ方も違うんでしょうね。車に対する想いもなんかも。大好きな曲です。もちろん。というかこのアルバムは定期的に無性に聴きたくなります。
2006/07/31(月) 17:48:08 | URL | gaku69ab #-[ 編集]
>gaku69ab
コメントありがとうございます。
一人一人感じ方がちがっていいと思います。感じる、感動するればそれでいいと思います。
私もたまに聴きたくなり、車には必ずあります。聴くたびに感動してしまう魔力のようなアルバムです。
2006/08/01(火) 11:19:00 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/216-5e0442d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
NO.00289ブルース・スプリングスティーンのサードアルバム『明日なき暴走』『明日なき暴走』。今思えばボスにとってこのアルバムは、“明日なき”どころか“未来を約束された”大ヒットアルバムになりました。8曲約40分に全てを詰め込んだかのような....
2006/07/30(日) 13:10:56 | まい・ふぇいばりっと・あるばむ
NO.00423ブルース・スプリングスティーンの2枚組ベスト&ボーナスディスク付アルバム『エッセンシャル』ふぅ~。ようやく5日連続の仕事が終わりました~!ブログも今までで1番間隔が開いてしまったのですが、その間に遊びに来てくれた方やコメントま....
2006/08/05(土) 10:58:53 | まい・ふぇいばりっと・あるばむ
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。