70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ドン・ヘンリー~「ボーイズ・オブ・サマー」
ちょっとだけ暑さを忘れる名曲。

1984年リリース、ドン・ヘンリーの2枚目のソロアルバム

「ビルディング・ザ・パーフェクト・ビースト 」

シングルである「ボーイズ・オブ・サマー 」この曲を聴くと涼しげな気分になれる。
海岸にたたずみ水平線を眺め浜風がそよそよと吹いて少年たちが砂浜で遊んでいる。そんなイメージにからられてしまう。

イーグルスのドラマー兼ボーカリストだったドン・ヘンリー。
ドラマーにボーカルを取らせると歌が上手い人が多いそうです。フィル・コリンズ(元ジェネシス)とか日本で言えばハウンド・ドッグの大友康平(最近一人はハウンド・ドッグ)もドラムが上手い。
からだの中に職人的リズムボックスがうめこまれているようなもので音楽的感覚はすごいらしい。

イーグルス時代のアルバム「ホテル カルフォルニア」と比較して聴いてしまう変なクセがついてしまっているような気がする。
彼の歌声を聴いていると、イコール・・・イーグルスと言う梅干を見るとよだれが出てくる条件反射みたいなもんでしょう。

(4.) ユーアー・ノット・ドリンキング・イナフ 、(8.) マンス・オブ・サンデー などイーグルスっぽいバラードナンバーでなぜか安心して聴いてしまうが、(3.) マン・ウィズ・ア・ミッション はロカビリー調のロックンロールでちょっといただけない。が聴き込むと味わいが出てくる。

全体にポップな感覚とイーグルスの余韻を残しながらも独自の音楽感性をだし作られたこのソロアルバムが一番印象に残っている。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
見事にリンクしましたね!

やっぱり夏と言えば「ボーイズ・オブ・サマー」ですよね。

このアルバムも結構好きです。
2006/08/17(木) 12:40:58 | URL | OZZY #pbQROIh6[ 編集]
>OZZY
コメントありがとうございます。
日本の歌手で言えば井上陽水の曲「少年時代」みたいな感じです。
今からの季節にぴったり?でしょうか。
2006/08/17(木) 20:52:29 | URL | コジ #-[ 編集]
>ドラマーにボーカルを取らせると歌が上手い人が多いそうです。

そうですね。個人的には、ザ・バンドのレボン・ヘルムが一番好きですが。

ボーイズ・オブ・サマーのPVもシンプルながら、よかったですね。
2006/08/18(金) 05:34:32 | URL | cloudy-coco #-[ 編集]
>cloudy
コメントありがとうございます。
ザ・バンドのことはあまりなじみがなかったものですからよくわかりませんが、ドラマーで歌のへたな人はおそらくいないのではないでしょうか。リズム感なくしてドラムは叩けないだろうし、体力も必要で肺活量なんかも並大抵ではないのかもしれませんね。

PVは音楽とほんとうに合っていました。じっと見入ってしまうような感じでした。
2006/08/18(金) 09:48:12 | URL | コジ #-[ 編集]
こんばんは。
毎年夏になると日本のラジオ局でもけっこう流れますよね。涼しげでノスタルジックで大好きな曲です。もちろんこのアルバムも当時よく聴いてました。でもイーグルスとは別物として聴いてました、当時も今も。
2006/08/19(土) 21:46:41 | URL | gaku69ab #-[ 編集]
こんにちは
 はじめまして。
ちょっとテーマがカブるblogをやってるんですが(笑)、無味乾燥な当方と違ってなんだか人柄がにじみ出る感じで良いblogですね~。ドン・ヘンリーのソロは、いずれも生真面目に作られていて、単にイーグルスの看板をひきずるでもなく、真摯な姿勢に感動させられます。「ビルディング・ザ・パーフェクト・ビースト 」 も良いアルバムでした。「ボーイズ・オブ・サマー」でイーグルスからだいぶ卒業できた感じでしたね。
 今後ともよろしくお願いします。
2006/08/21(月) 00:46:25 | URL | ROOF #-[ 編集]
>aku69ab
コメントありがとうございます。
ラジオでいまでも流れるって事は日本中の洋楽ファン(オーバー笑)に支持されているんですね。
イーグルスの良さを残しつつ独自の音楽方向性を打ち出したいいアルバムだと思います。
2006/08/21(月) 09:12:09 | URL | コジ #-[ 編集]
>ROOF
コメントありがとうございます。
まさしく真摯な姿勢で作られた人柄を想像させる音楽はとても心に残ります。やはり、ドン・ヘンリーの声に魅せられてしまいます。
こちらこそ、よろしくお願いします。
2006/08/21(月) 09:22:55 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/223-9fd747a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
NO.00450ドン・ヘンリーのセカンドアルバム『ビルディング・ザ・ビースト』みなさんは夏の曲と言ったらどの曲を思い浮かべますか?自分の場合は真っ先に?「ボーイズ・オブ・サマー」の甘酸っぱいメロディが頭を過ぎります。正確に言うとこの曲は夏の終....
2006/08/17(木) 12:38:43 | まい・ふぇいばりっと・あるばむ
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。