70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ヴァンゲリス~「炎のランナー」
音楽 ヴァンゲリス

1981年公開の映画「炎のランナー」

1924年のパリ・オリンピック大会の陸上競技を目指して、日々鍛錬に取り組む二人のイギリス人青年の感動的な物語。

一人はユダヤ青年、もう一人は聖職者の家系に生まれた若き牧師で、ユダヤ人青年は世界の歴史の流れの中で、ユダヤ民族が背負ってきた人種偏見への怒りをこめて自分自身と闘い、若き牧師は走ることが神への信仰と信じて闘うというもので音楽はヴァンゲリス。

ギリシャ人のヴァンゲリス。「2002 FIFAワールドカップのテーマ曲」でも知られているが、「炎のランナー」はおごそかで優雅な儀式を思わせるようなゆったりとしているが大きいメロディが歌うというような感じのギリシャの古代精神を表現したような主題曲である。

陸上競技にかける二人の新年が感動を呼ぶまさに、志の高い力強い映画です。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/229-4949de4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。