70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
スティクス~ベイブ
ロマンティック バラード

1979年リリース、スティクスの5枚目のアルバム『コーナー・ストーン』からの大ヒットナンバー

「ベイブ」

きれいなバラードナンバーでボーカル・キーボードのデニス・デ・ヤングの100M先でもきれいに聴こえるような かん高い歌声で曲のイメージを決定づけてるとてもファンタステックなバラード曲である。
美しいメロディラインにコーラスも最高にきれいに決まっているこの曲で日本での人気が爆発したといっても過言ではないのではないか!ん!
(と勝手に思っている)

5曲目の「ボード・オン・ザ・リバー」なんかちょっと変わった曲でマンドリンが全編にフィーチャーされどこか民族音楽的サウンドになっているが心地よいアップテンポな曲調でどこかやさしい気持ちになれる。

アメリカでは絶大的人気を誇った 『スティクス
プログレ風味で柔のデニス、ハード&ファンクっぽい硬のトミー・ショウ(ボーカル・ギター)という色彩が程よく混ぜ合わされたまあ、一般的な言葉でいえばハード&メロウサウンド。一般的でない言葉だとプログレッシブ・ハードポップロックの代表格(ばかやろう!一般的な言葉じゃないか!)ではないかと思います。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
でましたねStyx!大好きです。

リアルタイムで聴いたのはこの次のパラダイスシアターからでしたが、このアルバムもさかのぼって聴きました。

デニス・デ・ヤングのハイトーンボイス、ほんと素晴らしいです。

再結成時のライブDVDも持ってますが、1曲目のロッキン・ザ・パラダイスの冒頭からぼろぼろ泣いてしまい、家人から呆れられました。
2006/09/29(金) 21:14:38 | URL | cloudy-coco #-[ 編集]
>cloudy-coco
コメントありがとうございます。
わたくしもスティクスを聴きはじめたのはこのころだと思います。
先にフォリナーを聴いていたのですが、友人にステイクスをすすめられ、聴いたところ
デニス・デ・ヤングの歌声に感激してしまったことをおぼえています。

「ロッキン・ザ・パラダイスの冒頭からぼろぼろ泣いてしまい」
そこまで感動するなんてとってもうらやましいです。感動するってとってもいいことだと思います。きっと心の中は純真なんですね。もっともっと感動しましょう。
2006/10/01(日) 10:17:55 | URL | コジ #-[ 編集]
スティックス
スティックス、懐かしいですね。1970年代末に一時期聴いていた記憶があります。ホント、わずかの期間だけでしたが。
2006/10/06(金) 20:49:09 | URL | Cottonwoodhill #-[ 編集]
>Cottonwoodhill
コメントありがとうございます。
けっこういい曲が多いのですが、なにか一つ波に乗れなかったという感じでしょうか。
ロックでもいろんな種類(サウンド)のバンドがでてきてたから埋もれてしまったかもしれませんね。
2006/10/07(土) 09:01:30 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/243-d27aa5fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。