70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ケニー・ロジャーズ~デュエット
息がぴったり

1980年にリリース、ケニーロジャースとキム・カーンズによるデュエット曲

「荒野に消えた愛」

キム・カーンズのしゃがれハスキーボイスとけにー・ロジャーズのしっかりとした歌唱力とのバランスのとれた優等生的バラード曲である。
優等生というのはなにも頭のいい優等生ではなくきれいなメロディ、ハーモニー、そしてうったえかけるような、さとしているような歌い方はいっしょに仲間に入って歌いたくなるような気持ち(もちろん英語無理だけど)にさせてくれる心地よいナンバーである。

また、1983年リリース、当時、人気があったシーナ・イーストンとのデュエット曲
「この愛・ひととき」(We've Got Tonight)がまたいい。、
このアルバムからシングル・カットされたこの曲で、大ヒットしており、また、このヒットによって、
アメリカではかなりの実力派で知られている代表的シンガーでありながら、日本では、
知名度がいまひとつだったと思うがここにきていっきに知らしめられるようになったのではないでしょうか。

ケニー・ロジャーズはこういった女性シンガーとの声の相性がいいんでしょうね。うらやましい限りです。(本音?)

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/244-0b7c3ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。