70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
アポロ11号~ムーンライト・シャドー
1969年に人類初となる月面着陸に成功したアポロ11号。

その船長であるアームストロング船長が発した名言
「一人の人間にとっては小さな一歩だが人類にとっては大きな飛躍だ」
なんでも、文法上の誤りで a が聞こえたとか聞こえなかったとか。

英語の文法なんかさっぱりわからないが覚えたふりをして
「That's one small step for a man,・・・」の a が聞こえず man のままでは「人類にとっては小さな一歩で、人類にとって大きな飛躍だ」とわかるようなわからない文章になってしまうそうです。

もっとも、オーストラリアのコンピューター専門家が当時のデータを分析。
「人間の耳に聞こえる通常の長さのわずか10分の1ではあったが a が発音されていた」ということで船長は一部の人たちから文法ミスを犯したとの汚名をきせられていたというこだが、晴れて汚名返上ということでしょうか。

外国人によると日本語は非常に難しいと聞くけど、英語の文法ってのもわからない。中学生の時、英語の授業で文法がどうのこうのとさっぱり解からなかった。(ただ頭が悪いだけ・・・笑)
それでも後に「洋楽」が好きになっていったということは音楽は万国共通の唯一のコミニュケーションということになるのかな。


月の入った曲といえばマイク・オールドフィールドの「ムーンライト・シャドウ」がいい。
1983年リリース、アルバム『クライシス』に収められており、クリスタルでとても可憐なマギー・ライリーの歌声で曲のテンポ、メロディをさらに引き出してくれている名曲である。
また、ドラムの名手サイモン・フィリップスがプロデュースと演奏で参加、プログレッシブロックグループ「イエス」のボーカリスト、ジョン・アンダーソン(3.イン・ハイ・プレイセス)のボーカルも聴け、プログレッシブなロックとは一味違うサウンドが魅力的なアルバムである。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/249-0797e2cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。