70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ブロンディ~「X・オフェンダー」
デボラ・ハリー

ニューヨーク・パンク・シーンにセックス・シンボルとして大いに脚光を浴び、当時としてはかなり魅惑的で(今じゃ普通)パンク路線女性ボーカルとしての先駆者であろうか。

そのハリーを看板に1976年リリース、ファーストアルバム

『妖女ブロンディ』

グループ名をブロンドの髪から命名したとか。真意はともかくとして、
シングルの「X・オフェンダー」は大ヒット!まではいかなかったがあの甘く美しい顔。虜になってしまったものです。

その後、‘79年の「ハート・オブ・グラス」で一躍有名になったが、前の年‘78年に来日公演をしており、行ってるんですね。
まだ、日本で大ブレイクする前だったからけっこう空いていたような気がします。

正直、あまり覚えていないのですが、ノリノリの曲「X・オフェンダー」では大いにもりあがって「X・オフェンダー」の曲の間奏の場面でミニスカートで片膝をつき両手でXを作り、顔を横に向いたポーズをしていたのが印象に残っている。(カッコえがった!)

そのときのチケットを持っているが、渋谷公会堂のC席でなんと1600円!
今で言えば3000円くらいなのかな?

残念なのが、後にこんなにヒット曲が生まれ、大々的に知られるなるんだったらもっと近くで見ればよかった。
なんたってC席って2階でさらに、13列目・・・だった。


閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コジさんこんにちは。

貴重なライブ体験ですね。

自分はブロンディ後追いなのですが、結構好きです。(笑)

ただ、デボラ・ハリーの妖しさよりも純粋に音楽が好きです。
2006/10/27(金) 12:16:20 | URL | OZZY #pbQROIh6[ 編集]
コメントありがとうございます。
もちろん、音楽も好きです。
ハリーの声もいいが、キーボードの音がわりと好きなグループでもあります。
2006/10/28(土) 12:35:15 | URL | コジ #-[ 編集]
ブロンディ
はじめまして。。デボラ好きだったですー。今きいてもわくわくです。この間BS 見いちゃいました。80年代の楽曲好きです。
2006/10/30(月) 17:13:05 | URL | やー♪ #-[ 編集]
>やー♪
はじめまして。
コメントありがとうございます。
デボラ好きでしたか。私も若かりしころ一時はまりました。ブロンド髪、しっかりとしった顔立ち、(音楽と関係なくなってきた。)
もちろん、ロックン・ロールしているサウンド、声の持ち味など好きでした。
2006/11/01(水) 10:22:51 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/258-5e5804b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
NO.00418ブロンディのベストアルバム『軌跡 ザ・ベスト・オブ~』明日から忙しくなります。なので、今日はブロンディを聴いて早めに寝ます。それにしてもブロンディ、正確に言うとデビー・ハリーの妖しい輝きには頭がクラクラします。何か男のバンド....
2006/10/27(金) 12:14:00 | まい・ふぇいばりっと・あるばむ
BlondieBlondie (2001/09/11)Toshiba EMIこの商品の詳細を見るデボラハリー率いるブロンディーもデビュー当時はパンクバンドとして紹介されました。音楽的には50年代の甘酸っぱいロカビリー調の曲ばかりですが、日本でも
2006/10/27(金) 23:57:52 | SAMARQAND淫美ブログ
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。