70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
カーペンターズ~「愛にさよならを」
羊の皮をかぶった狼

洋楽を好きになった曲の一つで特に、ハードロックにめざめさせたのがこの曲かも。

1972年リリース、カーペンターズの4枚目のアルバム
『トップ・オブ・ザ・ワールド 』
このアルバムの「トップ・オブ・ザ・ワールド」は名曲中の名曲で今でもよく耳にするが「愛にさよならを」(Goodbye To Love )という曲はこれまでのカーペンターズにはないサウンドを聴かせてくれた。
優しく、美しいメロディの曲なのだが、間奏でギターソロがあり、これが音のひずみよろしくバリバリに弾いているのだ。そのギターの音がまた気持ちよく聴こえるんです。さらに静かに曲が終わるのかと思いきやドラムのソロがドドッド・ドン!と入り、(これもいい響きである)これらにビビビ!ときてしまったのであった。

羊の皮をかぶった狼ごとくハードロック調な部分を持ったこの曲は今でも忘れられない洋楽を好きになったルーツ的な存在の一曲である。


閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
Goodbye To Loveはたしかにソロもいいですね。
Song For YouもそうですけどMasqueradeとかSuperstarとかレオンラッセルの曲とカーペンターズの音楽性がマッチしてるのかオリジナルっぽくなってますよね。
2006/10/30(月) 15:38:32 | URL | ぴぃたぁぐりん #-[ 編集]
>ぴぃたぁぐりん
コメントありがとうございます。
カレンのやさしい声がマッチしているのかも知れませんね。もちろん音楽性とリチャードのアレンジ、キーボードの巧みさが光るんではないでしょうか。
2006/11/01(水) 10:04:59 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/259-c89c39b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
NO.00084カーペンターズのベストアルバム『青春の輝き~』人生色々あります。今は穏やかな気持ちになりたくてカーペンターズを聴いています。カーペンターズを語る時にカレンの事は避けられませんが、今はただカーペンターズの素晴らしい音楽の数々に癒....
2006/10/30(月) 15:47:50 | まい・ふぇいばりっと・あるばむ
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。