70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ラヴァーボーイ~「Turn Me Loose 」
熱気にあふれたハードポップロックなサウンド

1980年リリース、ラヴァーボーイのファーストアルバム
『Loverboy』
あまり話題にはならなかったアルバムではあるが、2曲目の「Turn Me Loose」は後にヒットした「それ行け!ウィークエンド」に匹敵するほどのラヴァーボーイらしいハードなナンバーで気持ちよく聴ける曲である。

1978年、カナダのバンクーバー出身のグループでアメリカ、イギリス出身といったグループの活躍のなかで異彩?を放ったグループではないでしょうか。(アイドル的ハードロックバンドのイメージだったな~)

ハードなロックサウンドのなかにも、ポップさを取り入れ、わりとキーボードを多様した音楽センスはボンジョヴィのサウンドにも通じるところがあり、とても聴きやすいハードロックバンドである。

もっともこのアルバムは曲がまとまりすぎているって感じもあり、特に大きな冒険をしている雰囲気はないが、ハード&ポップさはこのグループならではのものであるし、ハードなコンサートツアーで人気を集めたグループらしい、熱気にあふれたサウンドは聴き応えは十分なアルバムでもある。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
Turn Me Loose !
> ボンジョヴィのサウンドにも通じるところがあり、
まったくその通りですね。ていうか、80年代に流行したLAメタルの礎になったような気がしますね(カナダ出身だけど)。
Turn Me Looseの重いリフの展開なんか、まさにソレ系のサウンドだと思います。
2006/12/07(木) 22:07:54 | URL | ルドルフ #-[ 編集]
>ルドルフ
コメントありがとうございます。
とてもノリがよく、けっこう好きだったんだけどアイドルっぽいところが一歩ひいていた記憶があります。(硬派ロック青年だった・・・ただ頭が固いだけか・・・笑)
2006/12/09(土) 11:21:27 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/276-d2d77c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。