70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ベイ・シティ・ローラーズ~「ハートで歌おう」
意外にすごいバンド

1977年リリース、ベイ・シティ・ローラーズの5枚目のアルバム
『恋のゲーム 』

このアルバムから「恋のゲーム」 「夢の中の恋」のシングルヒットしているが3枚目のシングルとして「ハートで歌おう」 がリリースされこれまたヒットしているストリングスを存分に使ったラブバラードとでも言うんでしょうかベイ・シティ・ローラーズにしては異色の曲でもある。

当時、クイーン 「伝説のチャンピオン」、キッス 「ラブ・ガン」、シカゴ 、サンタナ 、エアロスミス、はたまたカーペンターズ と名だたる大御所をおさえてのトップを飾っていた。なんとすごいグループではないか。飛ぶ鳥をも落とす勢いとはこのことか。

正直、このやろうなんでこいつらトップになるんだよ!、ジャマなんてそう思った人(自分も含めて)いるんではないでしょうか。特にクイーン、キッスなどのロックファンにはもどかしいモヤモヤの日々を送ったのではないでしょうか。

アイドル・ポップ・バンドでかなりの女を・・・いや女の子を泣かせてきた・・・いや鳴かせてきたグループであるが、このアルバムからはやや大人びた音楽をだしてきて、脱アイドルを試みてきた一枚でもある。

しかし、「サタディ・ナイト」の曲のイメージが定着しているグループで大人びたベイ・シティ・ローラーズというのもだんだんと時代の流れには乗れなくなっていった感じもある。

しかし、名だたる大御所グループを抑えての人気、実力は確実にあったんだろうと思う。もちろん、アイドル性も人気という一面もあるが日本に洋楽を定着させたはオーバーだが、一役かっていたことは事実だと思います。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
なつかしいねぇ
♪いっつぁげ~ぇ~え~む・・・
失礼、つい口ずさんでしまったルドルフです。
この曲が1977年ですか。だんだんと音楽性で腕をあげてきた頃ですよね。皮肉にもそれと反比例して人気の方が・・・
いま思えば、BCRの活躍期って、センセーショナルな印象のわりに短いですね。
2006/12/18(月) 21:59:42 | URL | ルドルフ #-[ 編集]
こんばんは。
デビューした頃の彼等は好きになれませんでしたが、このアルバムで見方が変わりましたよ。
個人的には彼等の中ではベストなアルバムだと思っている1枚です。
TBさせて頂きました。
久しぶりに聴きたくなりました(笑)
2006/12/19(火) 00:37:24 | URL | kaz-shin #a/V0Tsuk[ 編集]
「Don't Let The Music Die」ですよね。
この曲、大好きです。
ベイ・シティ・ローラーズという名前で敬遠してはいけません。
とても良い曲だと思います
2006/12/19(火) 20:42:56 | URL | golden_70s #-[ 編集]
>ルドルフ
コメントありがとうございます。
そうですね。もっと長く続くのかと思ってました。あれだけの人気があったのだからそう簡単には終わらない気がしたんですけどね。
2006/12/20(水) 11:29:44 | URL | コジ #-[ 編集]
>kaz-shin
コメントありがとうございます。
大人びた感じの出ているアルバムで、ぐっとシブメといったらオーバーなんだけど、そのへんがいい結果につながった作品でしょうか。
聴きなおして見るとけっこう歌唱力ありますもんね。
2006/12/20(水) 11:37:04 | URL | コジ #-[ 編集]
>golden_70s
コメントありがとうございます。
「Don't Let The Music Die」~ハートで歌おうですね。
曲に合った日本語タイトルではないでしょうか。
しっとりとしたとてもきれいな曲ですね。当時は敬遠してたかもしれません。というか認めたい自分と認めたくない自分がいたような。
2006/12/20(水) 11:52:31 | URL | コジ #-[ 編集]
ルドルフさんの口ずさみについ後ろでカラダを揺らしてしまったSYUNJIといいます。
確かにこの曲は「サタディ・ナイト」のようなアイドルサウンドとは違いましたね。
ローラーズ、自分は聴いてきたつもりはありませんが、姉がはまっていたので覚えている曲はけっこうあると思います。
で、困ったことに今でもメンバーのフルネームをほとんど覚えていたりします・・
2006/12/23(土) 10:32:29 | URL | SYUNJI #3qBCWSh.[ 編集]
> SYUNJI
コメントありがとうございます。
フルネームをほとんど覚えているとは相当のファン!?でしょう。
BCRはけっこうラジオでオンエアーされてましたからね。
2006/12/24(日) 13:49:31 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/281-d9669b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「いい歳したおっさんが、ベイ・シティ・ローラーズかよっっっ!!」という三村 マサカズ風な突っ込みが聞えてきそうですがご容赦下さい(笑)1977年にリリースされたベイ・シティ・ローラーズの通算5枚目のアルバム『IT'S A GAME (恋のゲーム)』を紹介します。1977年というと
2006/12/19(火) 00:34:40 | Music Avenue
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。