70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
クイーン~「ボヘミアン・ラプソディ」
ラプソディ!

ピアノの音とロックのマッチングすばらしいと言えば、パッと頭の中に浮かんだ曲はクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」
1975年リリースの『オペラ座の夜』からのシングルカットである。


清らかなコーラスで始まるこの曲はクイーンの代表作の中のさらに代表作といったナンバーである。
コーラスの後のピアノの音色はいまだに頭の中から離れたことがないくらいの衝撃的に印象に残っている。


もちろん、曲構成が多彩で、コーラス、ピアノ&ベース、フレディのボーカル、ブライアンのソロギター、ロジャーのドラムとわりとパートが独立していてそれをゴムのような接着剤でつなぎぎ合わせたような一曲で数倍楽しめる曲構成にはこのころの音楽シーンにはなかったような気がする。 


斬新な発想のもとに奏でられたこの曲でクイーンの名を一躍トップの座に躍り出た誰もが認める曲ではないかと思う。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ、ご無沙汰しています。

ボヘミアンラプソディは名曲中の名曲と思います。最近、どこのカラオケでもあるので、たまに歌っています(途中で血管切れそうになりながら・・・)
クイーンは美しい旋律が特徴ですが、何となくプログレにも共通する部分があるような気がします。(前衛的な部分?)

では。

※よければリンク張ってください(__)
2007/01/26(金) 01:34:19 | URL | うきき #-[ 編集]
>うきき
コメントありがとうございます。
カラオケで歌うなんて無謀な・・・コーラス部分は仲間の協力で・・・そしてタイツ姿・・・でしょうか(笑)。
とても私しは歌えないと思います。(年のせいにします)
もちろんこの美しい戦慄は十分にプログレのサウンドに通じる。そして、 前衛的かつ、ロマンテックなクイーンサウンドだと思います。
2007/01/27(土) 12:33:09 | URL | コジ #-[ 編集]
お~ボヘミアンラプソディですか!名曲ですよね。知らない人に聞かせると、「これで1曲なの?」ってよく言われますね。
展開がすごいので1曲とは思わないようです。
2007/01/29(月) 09:26:18 | URL | ナイト #-[ 編集]
>ナイト
コメントありがとうございます。
自分も最初聴いたときはそう思いましたもんです。
これだけの曲展開がくりひろげられるクイーンは他のグループではなかなかお耳にかかれないのではないでしょうか。
静かなリズムと激しいリズム、対象的な面を持つとても刺激的は曲ですね。
2007/01/31(水) 11:18:40 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/294-4edcbe51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。