70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
シカゴ~「忘れ得ぬ君に 」
大人の魅力
「君こそすべて 」が大ヒットした1984年リリース、シカゴの17枚目のアルバム
『シカゴ17』

ブラスロックの先駆けを突っ走ってきたシカゴ。前作のアルバム「ラブ・ミー・トゥモロウ」(シカゴ16)からの大人の落ち着いた聴かせるロックに活路を見出してきたシカゴ。


このアルバムから「君こそすべて 」からうかがえるように心に響くとてもスケール大きさをうかがわせ、なお且つ聴きやすいメロディが印象的な曲を提供しているアルバムである。 


3.「忘れ得ぬ君に 」はそれこそシカゴお得意のラブソングに仕上がっており、ピーター・セテラとビル・チャンプリン(Vo.,Key)の歌声がとても耳に残るサウンドになっている。



また、ライオネル・リッチー、ダニー・オズモンドなど多彩なゲストも参加しており、シカゴの一つの大きな山となっている作品でもある。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
切ないバラード
「Hard Habit to Break」は、私は「You're the Inspiration」よりも好きです。
「Look Away」の仲間という感じ。

一番好きなのは、「Hard to Say I'm Sorry」を除けば「Will You Still Love Me?」ですi-185
2007/02/02(金) 10:22:53 | URL | りお #P0vgGwAM[ 編集]
>りお
コメントありがとうございます。
りおさん、シカゴの大ファンなんですね。
「Look Away」、「Will You Still Love Me?」ボーカルがジェイソン・シェフに代わっているシカゴの曲ですね。しかし、シカゴ独特の雰囲気はしっかりと受けつながれているみたいですが、いい意味でホーンセクションが前より前面に出るようになってきたと思います。
2007/02/04(日) 12:32:30 | URL | コジ #-[ 編集]
ボーカルの交代
>コジさん

ジェイソンになって「25 or 6 to 4」をリリースしたとき、「シカゴはもう終わり」みたいに言われていて、その後「Will You Still~」が大ヒット。

ビルボードで3位まで行ったとき、鳥肌が立つほど感激しましたv-353v-353
2007/02/04(日) 13:28:18 | URL | りお #P0vgGwAM[ 編集]
>りお
「長い夜の再演には疑問が残る」みたいなこと誰かがいってた記憶があるけど、見事にふっ飛ばしました。
2007/02/05(月) 01:02:10 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/297-69084760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。