70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ブライアン&ティナ~「イッツ・オンリー・ラブ」
ブライアン・アダムスのしゃがれ声とティナ・ターナーのカン高い声とのデュエット曲。

美女と野獣というのはよく耳にする言葉だが、美男と野獣(女獣?)は聞いた事がないが、まさにこの組み合わせがそうなのか・・・。
ハードなロックナンバーでのデュエット曲ってそんなにないんじゃないかと思う。

1984年リリース、ブライアン・アダムスの4枚目のアルバム『レックレス』

前作の『カッツ・ライク・ア・イナフ』と並ぶ代表作である。
ストレートなロックサウンドとどこかロマンチックなメロディとが交錯する全米で№1に輝いたアルバム。

「ワン・ナイト・ラブ・アフェアー」、「ヘブン」、「サムバディ」などなど、ヒットソングを連発させたモンスター的存在の作品で、その中でティナ・ターナーとのデュエット曲「イッツ・オンリー・ラブ」が異彩を放つ。といっても違和感があるわけではない。むしろしっかりとアルバムのアクセントにもなっているハードなロックンロールを聴かせてくれる。ブライアンの土くさいしゃがれ声と都会的センスのある声が妙に合っている曲でもある。

わりととブライアンの顔は男前で美男の部類に入るのではないかと思う。そしてティナ・ターナーはというとまぁ確かに美人といえば美人なのかも知れないが野生味のおびたシンガーというイメージもあり、美男と野女獣っていう感じもしないではないが、映画の「美男と野獣」では美男美女になってハッピーエンドだけど、この曲はどちらにもハッピーな曲になっている。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/335-6eb3fc40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。