70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ウイングス~「西暦1985年」
ウイング・・・翼は鳥の羽、飛行機の羽、はたまたウィンドサーフィンのセール(帆)もまた翼の一種である。

ようは、表側と裏側の圧力差によって揚力を発生させている。
飛行機の翼を真ん中からばっさり切ると断面の上が盛り上がっていて下の部分は湾曲にえぐれているがこれに風が流れると空気の流れの速度が変わり圧力差が生じて飛行機は上昇する。
ウィンドサーフィンのセールも同じで飛行機または、鳥の翼を縦方向につけて、その力をボードに伝えて海の上を走る。 

しかし、自然の風は一定ではなく常に変化している。強くなったり弱くなったりを繰り替えしているため、工夫がなされている。そのいい例が鳥類の翼である。よく見ると翼の先端部分が人間の肘のように曲がるように出来ており、風が弱い時はそのままだが、強くなると自然に後ろに曲がり、翼の表面積を小さくすることにより耐えられるようになっている。また、翼自体もねじれることに風を逃がす。 

飛行機の翼、ウインドの翼はそれを利用、曲がりはしないが、翼自体がねじれる事により風をに逃がしているため、耐えられる。自然の力はすごいものだ。

1973年、ポール・マッカートニー率いるウイングスのアルバム『バンド・オン・ザ・ラン
タイトル曲の「バンド・オン・ザ・ラン」、「ジェット」がヒットしているアルバムだが、アルバムラストの曲「西暦1985年」はピアノの旋律が印象に残る名曲である。

ポップ性とプログレ性を秘めたあアップテンポのナンバーである。
一見、軽いタッチの調子で終わるのかと思いきや後半の盛り上がりはピアノ、ギターにストリングスも入れ乱れ、なかなか重厚なサウンドに仕上がっておりふところの大きさを感じさせる作品である。そして曲の最後にバンド・オン・ザ・ランの曲が静かに流れ終わるといった心にくいポールの演出が光るアルバムでもある。

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/351-e51c85c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。