70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
「渚に消えた恋 」VS「あなたがここにいてほしい」②
今でも売れ続ける超ベストセラーアルバム『狂気』から2年、1975年リリースのピンクフロイドの『炎(あなたがここにいてほしい)』〔Wish You Were Here〕。シンプルだが奥が深い。

ブラスロックで知られるシカゴが「渚に消えた恋」などを収録したベストアルバムで1975年にリリースした『偉大なる星条旗~シカゴⅨ』は本国アメリカで5週間にわたって№1の座をキープしたとっても売れたアルバムの一つで「長い夜(25 or 6 To 4)」、「ぼくらに微笑みを(Make Me Smile )」そしてing違いの「渚に消えた恋( Wishing You Were Here )」。
収録曲はどれもヒット曲ばかりを集めたアルバムでヒットメーカーだったことが実証されたアルバムだった。

Wish You Were Here 炎 あなたがここにいてほしい。
ピンクフロイドらしい分かったような分からないよなアルバムタイトルであるが「狂ったダイヤモンド」が故シド・バレットに捧げられている曲ということもあるが、サウンドでもプログレッシブロックの名曲であることは間違いない。

そしてアルバムタイトルでもある「あなたがここにいてほしい」。
非常にシンプルな曲である生ギターの演奏とギルモアのボーカルが光るナンバーだが、プログレッシブなサウンドのなかにもどこかポップな感触のある作品で、曲中にはホーンセクションがさりげなく挿入されていて、タイトルといいサウンドといい、若干、サウンドコンセプトが似ている作品たちである。

どちらも聴いていてやはり、何か寂しさというか悲壮感を漂わせるといおうか、そんな感じさせるのも共通なのだろか。

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/359-91b7d304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Wish You Were HerePink Floyd (2000/04/25)Sonyこの商品の詳細を見る狂気の後のアルバムなので、影に隠れがちですが、これもまさしく名作の一つです。これまでは、アドリブ的な部分もあったのですが、このアルバ
2007/07/05(木) 23:34:07 | SAMARQAND淫美ブログ
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。