70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ダイアーストレイツ~「トンネル・オブ・ラブ」
8分8秒におよぶ曲であるが、むしろ短く感じられるほどノリのよい、心地よいサウンド。

イギリスのバンドながら、マークノップラーのディランの声にも似ているボーカルと気さくな歌い方、乾いたギターサウンドが魅了であり、アメリカ的なスタイルが印象に残るダイアーストレイツ。

シングル「悲しきサルタン」で一躍有名になり、マークノップラーの才能が色々なミュージシャンのゲストとして呼ばれている。

1980年リリースの3枚目のアルバム『メイキング・ムービース』
マークの弟、デヴィットがが脱退。3人組になったアルバムであるが、ブルース・スプリングスティーンのレコーディング、コンサートにおけるバック演奏を務めるEストリートバンドのメンバーでもある ロイ・ビタンという人をキーボードに加え、更なる音楽世界を広げたアルバムである。
全7曲であるが、ダイアーストレイツらしいシンプルで乾いたロックを聴かせてくれる。
3.「メーキング・ムービー」(邦題){skateaway}ではギター、キーボードをふんだんに使い、またピアノも心地よく使われているロックナンバーで、ノリのよさとメロディが印象的な作品。

やはり、このアルバムのメインになるのではないかと思う 1.「トンネル・オブ・ラブ」
ノップラーの乾いたギター、さりげないボーカル。そしてそのサウンドに絡むキーボードとリズム感のあるメロディ。8分にも及ぶナンバーであるが、まだまだ聴きたく作品である。ダイアーストレイツも特徴でもある曲中ほどの静けさとそれを取り囲むようにマークのギターソロがとても心地よい。そして、曲最後部分のビタンによるピアノの早弾きが心地よく響く。

このアルバム後のツアーからアラン・クラーク、ハル・リンデンが加入、5人組として活動。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
おぉ!ダイアー・ストレイツ!
しかもこのアルバムですか!

もちろん大好きな1枚ですが、やっぱり「トンネル」に尽きますね。
良いアルバムです。
2007/07/17(火) 02:29:40 | URL | OZZY #-[ 編集]
>OZZY
コメントありがとうございます。
アルバム自体、とてもよくできているともいます。その中でも、「トンネル」ですね。
2007/07/23(月) 12:04:02 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/364-4756d48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。