70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
エイジア~「時へのロマン 」
元EL&P(エマーソン レイク&パーマー)のドラマーであるカール・パーマー。
元キングクリムゾン、ロキシーミュージック、UK、ユーライア・ヒープのボーカル、ベースのジョン・ウェットン。
元イエスのギタリスト スティーブ・ハウ。
同じく元イエスのキーボード ジェフ・タウンズ。

1981年、新グループ「エイジア」の結成を発表。

『Asia/詠時感~時へのロマン』 をリリース。

シングル「ヒート・オブ・ザ・モーメント」 ではガツンときた。
これが自分が聴きたかった音楽だ!と感激したものだ。

ハードなロックでありながらプログレ感覚を取り入れ、なお且つポップで聴きやすいメロディと、ヒットして当然のような曲で思わず酔いしれたものだ。

このアルバムからは、他にも「時へのロマン 」がまたまた大ヒット。ガーンとハンマーで頭を殴られたくらい鳥肌が立った?名曲だった。

勢いのあるこのグループをとめられるものなどいないと思ったものだ。

やはり、今のエイジアには飛ぶ鳥をも落とすエネルギーがないか!
もちろん、音楽的影響力はすごいものだったと思うし、何より自分たちを大いに楽しませてくれたんだから、「エイジア」には大感謝ですね。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
私も好きでした
こんにちは!
これは私もリアルタイムで衝撃を受けましたね。「ヒート・オブ・ザ・モーメント」の衝撃的なイントロ。感動したものです。
アルバムもやはりファーストが一番。アルバム単位で聴くことの素晴らしさを教えてくれたバンドです。
2007/07/29(日) 17:35:26 | URL | 240 #9L.cY0cg[ 編集]
>240
コメントありがとうございます。
なんだかんだといってもやはりファーストアルバムが一番よかったのかな~。
こんなに伝説的なロックグループになるなんて思いもよらなかったけどね。
2007/07/31(火) 11:58:49 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/369-cecf2680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。